FC2ブログ
10 月<< 2019年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 
フィリピンの歌手が歌っていて
加藤登紀子も歌ったことのある
「アナック(息子)」は、家を出て行った息子のことを歌った歌ですが、
きのうの朝の雨から、季節がかわったような気がします。
心なしか風に秋の気配が感じます。
油断大敵かもしれませんが、着実に季節は巡っていると思います。
どういうわけか、中村検察審査会の補充員に選ばれました。
きょうはその第一回の会合でした。
身分は臨時の国家公務員になるそうで、
職務上知りえたことを公言することはできません。
自分の名前のことを書いてきたので、
ここでわたしが名付け親になった
子どもたちの名前のことも書かなければ
不公平になると思いますので、書きます。
名前の話をつづけます。父親に「まさすけ」のいわれを聞いてから、そのことは忘却の隅においていたのですが、10年ちょっと前のこと、参議院選挙に立候補しなければならなくなりました。
名前というのは、小さいころにはからかいの対象になることはままあります。わたしの場合はそれでした。「まさすけ」だから、「まさすけべえ」とか「すけべえ」とかいってからかわれたことを記憶しています。
髪についてのお話は、つきつめれば人権問題に行き着くと思います。つまり、自分とちがっている他人を尊重するかどうか?哲学的に言えば、客観的な存在を認めるかどうかと言うことでしょうか。
マルクスもエンゲルスも髪や髭にはこだわりがあったようです。
彼らが青春時代をおくったころのヨーロッパ、ドイツでは髭を伸ばすことが若者の抵抗のシンボルだったそうです。
そんなわたしを変えたのは、当時「三派全学連」と呼ばれた、学生たちでした。1967年10月と11月の佐藤総理外遊阻止行動は衝撃でした。
いまでは、その彼らとは思想的にも行動的にもちがう位置にいるのですが、その衝撃は大きなものがありました。
いま髪を伸ばしています。別に吉田拓郎の「結婚しようよ」との思いがあってではありません。なんとなくです。
 

ご訪問ありがと

 

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

検索フォーム

 

ランキングに応援を!

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。


 

こちらもお願いします。

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。

 

プロフィール

大西正祐

Author:大西正祐
管理者は、幡多地区委員長の大西正祐(おおにしまさすけ)です。1952年生まれです。写真は20年以上前のもので、3人の被写体はその当時とは似ても似つかない変化を遂げていることをお断り申し上げます。

【ブログポリシー】
幡多地区のできごと、幡多地区党の考え方、政策などを書きつづっていきたいと思います。
もちろん国政や科学的社会主義、歴史、理念などについても書きますが、多少、ぶれたことを書くかもしれませんが、そのときは厳しくご指摘いただければ幸いです。

これまでホームページでまとまったことを書いていましたが、ブログでは写真なども簡単に掲載できるのでこちらで書くことが多くなると思います。
また、ツイッターは短文なので、緊急的な声明、主張という風に使い分けたいと思います。

いまのところ訪問者は少なく、身内が多いのでコメント、トラックバックは自由にします。しかし、スパムや悪意をもったものについては、警告せずビシバシと削除する場合もあります。
以上、ご了承くださいませ。

 

メールフォーム

管理人へのお問い合わせは、できるだけコチラからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

トコトン共産党

 

Twitter

 

リンク

 

ご購読お願いします

 

QRコード

QR
 

ブログ内検索

 
 
 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-