07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靖国とイージスと

きょう映画「靖国 YASUKUNI」上映を求める会の2回目の会合でした。
21名の方が参加していただきました。
まず、前回の会合からのとりくみについて次のように報告しました。
(一)経過
4月27日、映画「靖国 YASUKUNI」の上映を求める会結成
4月28日、龍影、アルゴ、シネマディストに対して6月上映を申し入れを発送。
5月2日、高知市でも実行委員会(7月21日上映を内定)。
5月3日、東京で「靖国」上映はじまる、満員となる。
5月7日、シネマディストに3日の会議のことを尋ねる。
5月10日、大阪で「靖国」上映、満員。
5月11日、シネマディストから連絡。

(二)現在の到達(シネマディストの話)
①シネマディストら3社は、非劇場型上映を積極的にすすめよう。特別な都道府県はないということで確認している。
②3日の会合は、予想外の入場があったのでそれに忙殺され、開かれていない。
③現在、プリントは6本しか用意していない。それで劇場上映は20館以上に対応しなければならない。
④プリントは2週間、デジタル化には10日あればできるが、どうすすめるかいまだ龍影側から連絡がない。
⑤各地に実行委員会が発足しているが、確実なことはいえない。
⑥来週さらにプッシュする。

そういうわけで、いつ上映が可能になるのか不明なので、
とりあえず、上映日程、会場などを決める6名の委員をえらびました。

感想ですが、みんなも言っていましたが、「龍影」はこれほど人気が出るとは思わなかったのではないか、ということです。
それは6本しかプリントを構えていなかったことからもうかがえます。
それで予想外の反響にアタフタして、目の前のハエを追っ払っているのが実情ではないでしょうか。

早く、冷静になって非劇場型に対応する素材と方針をつくってもらうよう、お願いしたいものです。

それで「求める会」の方は、30分くらいで終わって、
「個人的なおねがい」として、「イージス艦寄港について反対運動の相談会をしたいので、かまわない方はのこってください」と呼びかけました。

すると全員が残ってくれ、協議した結果、その場で
イージス駆逐艦「オカーン」寄港に抗議する幡多地区実行委員会
をたちあげることにしました。

そして抗議集会を
5月21日(水)午前8時から、宿毛新港にある
宿毛湾港緑地公園でひらき、デモ行進することを決めました。

前回の「ラッセル」のときにくらべて、急なとりくみになります。
前回は知ったのが5月2日で入港が24日、
こんどは8日に知って21日入港ですから、10日ほど短くなります。

でも、宿毛市での動きは前回より機敏で、
中西市長への申し入れを明日、日本共産党と社民党の市議が行なう予定や、
15日には四国西南平和委員会の結成が予定されるなど、
フットワークは軽くなっています。

前回を上回る抗議行動で迎えよう、
そして軍港化の危険が強まったのだから、
こんかいだけにとどめず、恒常的な組織づくりもめざそうということを申し合わせました。

5月21日は宿毛へ行きましょう!!
スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

ご訪問ありがと

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

検索フォーム

 

ランキングに応援を!

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。


 

こちらもお願いします。

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。

 

プロフィール

大西正祐

Author:大西正祐
管理者は、幡多地区委員長の大西正祐(おおにしまさすけ)です。1952年生まれです。写真は20年以上前のもので、3人の被写体はその当時とは似ても似つかない変化を遂げていることをお断り申し上げます。

【ブログポリシー】
幡多地区のできごと、幡多地区党の考え方、政策などを書きつづっていきたいと思います。
もちろん国政や科学的社会主義、歴史、理念などについても書きますが、多少、ぶれたことを書くかもしれませんが、そのときは厳しくご指摘いただければ幸いです。

これまでホームページでまとまったことを書いていましたが、ブログでは写真なども簡単に掲載できるのでこちらで書くことが多くなると思います。
また、ツイッターは短文なので、緊急的な声明、主張という風に使い分けたいと思います。

いまのところ訪問者は少なく、身内が多いのでコメント、トラックバックは自由にします。しかし、スパムや悪意をもったものについては、警告せずビシバシと削除する場合もあります。
以上、ご了承くださいませ。

 

メールフォーム

管理人へのお問い合わせは、できるだけコチラからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

トコトン共産党

 

Twitter

 

リンク

 

ご購読お願いします

 

QRコード

QR
 

ブログ内検索

 
 
 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。