05 月<< 2017年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「靖国」上映をめぐって

映画「靖国 YASUKUNI」の中村での上映は、当面は延期ということで対応しようと思います。
最終的に配給元のアルゴピクチャーズと相談して決めました。
配給元としては、刀鍛冶夫妻がさまざまな取材攻勢などにあって不安がっており、おなじ高知県で上映をした場合のさらなるプレッシャーは、二人に与える影響が大きいということでした。
要するにプライバシーを守るためということです。

実際に「高知新聞」も、二人に詳細なインタビューを行なっています。
きょうの「しんぶん赤旗」には、10日の記者会見での李纓(りいん)監督の詳細な発言が掲載されていました。
二つを読んでの感想は、有村治子議員らの圧力によって「心変わりした」が真実にちかいということです。

こんな手法が許されるなら、表現の自由はかぎりなく侵されるということになります。
だから、こんな圧力には屈せず上映はやりたいとの気持は強いものがあります。
でも、配給元の苦悩もわかります。
高知県以外では予定通り上映にむけて努力したいとのことでしたから、「高知県での上映は延期」ということで諒解することにしました。

13日の会議では、経過報告をして、いつになるかわかりませんが、上映が可能になった段階で実行することで実行委員会はたちあげておきたいと思います。
怒りはもち続けたいと思っています。

日教組大会否事件、立川ビラまき事件での有罪確定、そしてこの事件…。
こうした動きを見ていますと、まさに満州事変前後の様相を感じます。
この分岐点でどう動くか。
一人ひとりが問われていると思います。

嬉しかったのは、李纓(りいん)監督が、
全国からの励ましに勇気づけられているというくだりでした。
微力ながら私たちの動きもそれに連なっていることを信じたいと思います。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

無念だが、是非に及ばず il||li_○/ ̄|_il||li ナンテコッタ ・・・『靖国』高知では当面配給なし

 残念である。  今朝(4/12)の高知新聞朝刊によると、我が高知県では、『靖国 YASUKUNI』に登場する刀匠が県内在住であり、製作者サイドに...

コメント

表現の自由

映画「靖国YASUKUNI」協力者トム岸田氏に聞く

http://www.youtube.com/watch?v=Dy4fmkucHB4
http://www.youtube.com/watch?v=Qi5u13BJ4c8

谷さんは、有村議員からの電話について「問い合わせを受けただけで圧力を受けたとは思っていない」と話していますが。
http://www.excite.co.jp/News/society/20080410220900/20080411M40.111.html

表現の自由に重きを置くばかりに、個人の尊厳、意志を軽視したことが今回最も忌むべきことではないでしょうか。刈谷氏は俳優でも、芸能人でもなく、自身を人目にさらすことを仕事としている方ではない。あくまで一般の方である。また、靖国神社に対する感情にも個々人によって差があるのは必定である。そのことを無視し、表現の自由をふりかざし、氏の意志を逆なでするような映画を作り、出演さすことは一つの暴力ではないだろうか。政治家から確認の電話が入った折あまりにもくやしい胸の内をぶつけたことは、極自然である。抗議をしたくても表立って意志を示すことができない個人もいるのである(性格や寡黙な性分他の為)。だれもが自分の意志を極当たり前に主張できるわけではない。

つづき
又、刈谷氏が政治化の圧力を受けたため変節したなどというのも、氏の尊厳を著しく傷つける行為であると考えられる。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

ご訪問ありがと

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

検索フォーム

 

ランキングに応援を!

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。


 

こちらもお願いします。

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。

 

プロフィール

大西正祐

Author:大西正祐
管理者は、幡多地区委員長の大西正祐(おおにしまさすけ)です。1952年生まれです。写真は20年以上前のもので、3人の被写体はその当時とは似ても似つかない変化を遂げていることをお断り申し上げます。

【ブログポリシー】
幡多地区のできごと、幡多地区党の考え方、政策などを書きつづっていきたいと思います。
もちろん国政や科学的社会主義、歴史、理念などについても書きますが、多少、ぶれたことを書くかもしれませんが、そのときは厳しくご指摘いただければ幸いです。

これまでホームページでまとまったことを書いていましたが、ブログでは写真なども簡単に掲載できるのでこちらで書くことが多くなると思います。
また、ツイッターは短文なので、緊急的な声明、主張という風に使い分けたいと思います。

いまのところ訪問者は少なく、身内が多いのでコメント、トラックバックは自由にします。しかし、スパムや悪意をもったものについては、警告せずビシバシと削除する場合もあります。
以上、ご了承くださいませ。

 

メールフォーム

管理人へのお問い合わせは、できるだけコチラからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

トコトン共産党

 

Twitter

 

リンク

 

ご購読お願いします

 

QRコード

QR
 

ブログ内検索

 
 
 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。