07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっと、軍事を勉強しよう

佐竹県委員長と宣伝物の件でやりあいました。
現場では12月議会の報告を後援会員にとどける準備が始まっていて、それをみこして四国ブロックのニュースや村上くんのリーフレットが何時できるのか、昨年末にチェックを入れていました。
そのときの彼の返事は
「1月20日にはなんぼゆうたちできるろう。できる」
でした。

それできのう
「いつできる?」
とチェックを入れたら
「判らない」「20日?そりゃあ無理」
とのことでした。
「それはないだろう」「去年約束したやいか」
と苦情をいい、
「もっと軍事を勉強しろよ。こんな日本軍みたいなことをやりよったらいかんやいか。前線部隊は玉砕ばっかりやぜ」
といいました。

その前日も別件でやりあいましたが、
佐竹さんは人間ができているので、
こんなわたしの乱暴なものいいも
軽く受け止めてくれるので
こちらもついついズケズケと言ってしまいます。

で、きょう電話があり、
宣伝物の到着日を教えてくれました。
予定より5日遅れです。

それで、思ったのですが、
もっと共産党員は軍事を勉強すべきだと思います。
とくに、なぜ日本軍が戦闘で敗北したのか、
その戦史を深く学習し、そこから教訓を引き出すべきだと思います。
戦史や軍事は、決して右翼やオタクだけのものではありません。
生死をかけたものだからこそ、人生や政治などを凝縮した人間ドラマがちりばめられているのです。

たとえばこんどのケースで思い出したのは、
ガダルカナルでの川口支隊のヘンダーソン基地への突入作戦でした。
このときも、なるほど突入時間を決めたものの、
ジャングルを迂回する部隊の困難を想定せず、
ギリギリの時間を設定したために
いっせい攻撃にならず、バラバラになって制圧戦は失敗してしまいます(しかも海軍の協力もありませんでした)。
この攻撃がガダルカナルでの唯一の日本軍のまともな攻勢だっただけに、この失敗は大きくつきました。

戦争は、決められた時刻に、決められた場所に、最大限の力を集中してこそ、最大の効果を発揮します。
それが分散すれば、効果は半減どころか、むしろ困難と混乱を増大させるだけです。
このことは選挙戦や政治戦にも通じることです。

これも判らなくはないが、宣伝物もいいものをつくろうとして、時間をかけて集団的に議論して練り上げようとします。
でも、そこに時間の概念はあるのでしょうか。
宣伝戦でも、「とき」というものがあって、
その瞬間に投入しないといけない時機があります。
それを失したときに、いかにいい宣伝物を投入しようと
それは効果はなく徒労に終わるものもたくさんあります。
それよりも不完全だが、「とき」にあわせて宣伝物を投入するほうが
はるかに高い効果をあげることが多いのではないでしょうか。

日本軍の失敗。
われわれはそれを他山の石とすべきだと思います。
スポンサーサイト

コメント

巧遅より拙速を

時は金なり、力なり・・・私も、共産党への期待の余り、イライラが募ります。

メールを送りますので、ご参照下さい。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

ご訪問ありがと

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

検索フォーム

 

ランキングに応援を!

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。


 

こちらもお願いします。

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。

 

プロフィール

大西正祐

Author:大西正祐
管理者は、幡多地区委員長の大西正祐(おおにしまさすけ)です。1952年生まれです。写真は20年以上前のもので、3人の被写体はその当時とは似ても似つかない変化を遂げていることをお断り申し上げます。

【ブログポリシー】
幡多地区のできごと、幡多地区党の考え方、政策などを書きつづっていきたいと思います。
もちろん国政や科学的社会主義、歴史、理念などについても書きますが、多少、ぶれたことを書くかもしれませんが、そのときは厳しくご指摘いただければ幸いです。

これまでホームページでまとまったことを書いていましたが、ブログでは写真なども簡単に掲載できるのでこちらで書くことが多くなると思います。
また、ツイッターは短文なので、緊急的な声明、主張という風に使い分けたいと思います。

いまのところ訪問者は少なく、身内が多いのでコメント、トラックバックは自由にします。しかし、スパムや悪意をもったものについては、警告せずビシバシと削除する場合もあります。
以上、ご了承くださいませ。

 

メールフォーム

管理人へのお問い合わせは、できるだけコチラからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

トコトン共産党

 

Twitter

 

リンク

 

ご購読お願いします

 

QRコード

QR
 

ブログ内検索

 
 
 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。