05 月<< 2017年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月10日の記者会見画像

クリック応援をお願いします↓↓↓


7月10日に日本プレスセンターで行なわれた、元東電社員の木村俊雄氏らの記者会見。
東電の発表資料には「地震による原発の影響データが意図的に隠されていること」を指摘しました。
「再稼働に動く規制委員会の基準をやり直させる」ほどの重要な指摘だったにもかかわらず、高知新聞、東京新聞、「しんぶん赤旗」以外のプレスは全く報道しませんでした。

こういう事態も予測して、太平洋核被災センター・山下正寿さんが、ドキュメンタリー「種まきうさぎ」の森監督にカメラマンを伴って取材を依頼していました。

山下さんから「その記録ができましたので、多くの方に拡散してください」と送られてきたのでアップします。
ぜひいろんなところにカクサンしてほしいと思います。

前編


後編
スポンサーサイト

コメント

原発問題と日本共産党

党は、綱領に原発問題についての今日的で明確な態度を書き込めと以前のエントリーのコメント欄に書きました。原子力平和利用論の残滓をキッパリと清算せよ、エネルギー問題での今日的な到達点を綱領に明確に反映させよ、と。

しかし、やはり原発問題での党に対する方針上の発展要求は、それにとどまらないことになるのです。
そう、核兵器廃絶課題だけでなく、原発問題でも、党は国際主義的な政策・運動方針の発展的確立が求められているからです。

原発問題では、日本国内から原発を一掃しただけでは足りません。ベトナム党の日本製原発プラント輸入計画に苦言を呈しただけでは足りません。
中韓の日本海、東シナ海沿海部では、間もなく大量の原発が稼働開始します。ベトナムに日本からの原発輸入を断念させても、ベトナムにはフランスや中国などから輸入する可能性がなお残る。
原発問題は、大事故が30年の間に3回も起きたことからみて、その現実性、緊急性は既に核兵器廃絶課題以上の国際的課題になっていることが明らかです。
そして日本の反原発勢力は、やがて中韓やベトナムの反原発勢力と連帯・団結しなければならなくなるでしょう。放射線被害に国境は無いからです。一国内の運動だけでは事態に対し無力だからです。

さぁ、どうする!
事は、中・韓・越各国政府との政治的対立まで想定せざるを得ない状況なのではないか?
反原発国際統一戦線の課題方向は、中・韓・越などの政府が原発政策に固執するならば、場合によっては各国政府や政権党との従来の関係を失う覚悟まで必要とする諸国人民との連帯・団結になるのではないのか?

全党の討議が求められよう。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

ご訪問ありがと

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

検索フォーム

 

ランキングに応援を!

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。


 

こちらもお願いします。

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。

 

プロフィール

大西正祐

Author:大西正祐
管理者は、幡多地区委員長の大西正祐(おおにしまさすけ)です。1952年生まれです。写真は20年以上前のもので、3人の被写体はその当時とは似ても似つかない変化を遂げていることをお断り申し上げます。

【ブログポリシー】
幡多地区のできごと、幡多地区党の考え方、政策などを書きつづっていきたいと思います。
もちろん国政や科学的社会主義、歴史、理念などについても書きますが、多少、ぶれたことを書くかもしれませんが、そのときは厳しくご指摘いただければ幸いです。

これまでホームページでまとまったことを書いていましたが、ブログでは写真なども簡単に掲載できるのでこちらで書くことが多くなると思います。
また、ツイッターは短文なので、緊急的な声明、主張という風に使い分けたいと思います。

いまのところ訪問者は少なく、身内が多いのでコメント、トラックバックは自由にします。しかし、スパムや悪意をもったものについては、警告せずビシバシと削除する場合もあります。
以上、ご了承くださいませ。

 

メールフォーム

管理人へのお問い合わせは、できるだけコチラからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

トコトン共産党

 

Twitter

 

リンク

 

ご購読お願いします

 

QRコード

QR
 

ブログ内検索

 
 
 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。