04 月<< 2017年05 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投票に行こう!


7月21日は参議院選挙の投票日。
軍歌の足音が高まっています。
子や孫を戦争に、軍隊に送らないために選挙に行きましょう。

↓↓応援のクリックを↓↓
スポンサーサイト

コメント

土佐ちゃん

土佐ちゃん

他所のブログで共産党への入党を考えているネチズンが居たので、入党推薦者なら大西高知県幡多地区委員長がなってくれるよ、と安請け合いしちゃいました。もし本人からメール連絡が行ったらヨロシクね!

党建設における21世紀型の新手法を

土佐ちゃんの方から以下を中央に意見具申してもらえませんか?
それは・・・

ネチズンの中で党建設を進めることを全党の方針にして、党中央自らがその方針を先導して欲しいということです。

ネットを通しての党建設は、それが十分可能であり、高齢化した組織の現状も鑑みれば、既存の対象者接触・育成方法では手が届かなかった新しい可能性の登場だということが今回の選挙戦で判りました。

そこでさしあたりの課題ですが、まず、共産党カクサン部を恒常的なリアル組織へ格上げすることではないでしょうか。
カクサン部は、選挙時だけのネット上バーチャル組織にしておくには、いかにももったいない。
共産党カクサン部を自民党がやっているように部員登録制のリアル組織にして、日常的に政治的重大問題の発生や党の見解を拡散する共産党後援会的な准党員組織にするべきでしょう(リアル・カクサン部は党員非党員混在組織でも可ということです)。
年に1、2回のリアル交流会なども開いてカクサン部員間の親睦・交流を図りながら、日常的に言論宣伝活動が出来れば、カクサン部はネット界だけでなくリアル社会でも今後大きな力を発揮するように思います。

また、ネットTV「とことん共産党」も、日常化して欲しい。せめて週刊番組化ぐらいを。

「とことん」は、小池、浅岡両氏のキャラクター適性もあり、今回の選挙で共産党のイメージアップに大きく貢献しました。「とことん」を一度でも観た無党派は、「共産党ってこんなんだったんだぁ!」とか「以外だった」というような、半ば驚きを伴った反応を示し、共産党への親近感を著しく増しています。

残念ながら高齢化した現在の党組織は、上記のような党のメディア新戦略を正しく評価出来ていないように思います。カクサン部にしても「とことん」にしても、PCもスマホも持たない圧倒的多数の高齢党員は、視聴経験すら無いからです。だから、高齢党員の間では支持拡大での活用もほとんど行われていませんでした。もったいない事です。

しかし、今回の選挙戦で始まった党のメディア新戦略は、時代にマッチした方向であり、今後大きな可能性も秘めているように思われます。

日本共産党は、『何をなすべきか』でレーニンが示した党建設論を乗り超える、21世紀型の全く新しい組織論・運動論を理論的にも実践的にも創造して行けるように思われるのです。

すんごい大衆路線!!!

http://www.jcp.or.jp/web_tokusyu/2013/08/post-14.html

ついに、ここまで行ったか!wwwww


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

ご訪問ありがと

 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 

検索フォーム

 

ランキングに応援を!

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。


 

こちらもお願いします。

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。

 

プロフィール

大西正祐

Author:大西正祐
管理者は、幡多地区委員長の大西正祐(おおにしまさすけ)です。1952年生まれです。写真は20年以上前のもので、3人の被写体はその当時とは似ても似つかない変化を遂げていることをお断り申し上げます。

【ブログポリシー】
幡多地区のできごと、幡多地区党の考え方、政策などを書きつづっていきたいと思います。
もちろん国政や科学的社会主義、歴史、理念などについても書きますが、多少、ぶれたことを書くかもしれませんが、そのときは厳しくご指摘いただければ幸いです。

これまでホームページでまとまったことを書いていましたが、ブログでは写真なども簡単に掲載できるのでこちらで書くことが多くなると思います。
また、ツイッターは短文なので、緊急的な声明、主張という風に使い分けたいと思います。

いまのところ訪問者は少なく、身内が多いのでコメント、トラックバックは自由にします。しかし、スパムや悪意をもったものについては、警告せずビシバシと削除する場合もあります。
以上、ご了承くださいませ。

 

メールフォーム

管理人へのお問い合わせは、できるだけコチラからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

トコトン共産党

 

Twitter

 

リンク

 

ご購読お願いします

 

QRコード

QR
 

ブログ内検索

 
 
 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。