09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜川ゆり子候補幡多路を熱く駆け抜ける

幡多地区ニュース7月10日号をつくりました。
浜川ゆり子候補の街頭を中心とした活動について報じた部分を転載します。
8日、黒潮町、四万十市、土佐清水市、大月町、宿毛市
午前8時、片坂から浜川ゆり子候補は黒潮町入り。細かくコースをとりながら訴え。市ノ瀬では武内候補とニアミス。佐賀農協前では12人が聴いてくれました。良心市の人が「TPPがとおったら私らみたいなことはできん。頑張ってや」と声をかけてくれました。
 大方サンシャイン前では約40人の人が聴いてくれました。動員組ももちろんですが、買い物客らも立ち止まって聴いてくれ、車からも歩く人も手を振るなどすごい反応。ビラ配りに参加した西村さんは「すごい。橋元さんの時も良かったけれど、それ以上の反応」と驚いていました。入野を細かく回った後、田ノ浦、出口から四万十市へ。
 双海で四万十市に引き継いだあと、古津賀で食事。
 下田から四万十川を渡って八束へ。津蔵渕で街頭演説。45人を超える人たちが出てきて話しを聴いてくれました。ここは浜川さんが嫁いでいるところ。やっぱり地元はすごいです。ここの演説の様子は日本共産党幡多地区委員会のホームページ、ブログ、ツイッターでもみられます。
 浜川ゆり子候補は、土佐清水市下ノ加江の市ノ瀬にある水車で清水へ引き継ぎ。
 土佐清水元町での街頭演説は25人。三崎の農協前は20人。ただ「若い人はいない」のが課題。
 叶崎で大月町へ引き継ぎ。幡多信用金庫弘見支店での演説は40人の参加。前々日に議論して時刻を変更したことが功を奏しました。
 夜の宿毛市での個人演説会は55人。「予想以上に来てくれた」(浅木さん)。
 8日には合計で237人が演説を聴いてくれました。

9日、宿毛市、三原村、四万十市
 午前8時に高砂のホテル発。片島港のフェリー乗り場近くで演説。西町、藻津、宇須々木方面へ。西町「ポピンズ」前での演説のあと、中央町の愛媛銀行宿毛支店前で演説。反応が良く、多くの女性が聴いてくれました。町を出て、二宮、橋上でそれぞれ演説。家から出てきて聴いてくれる人も。平田スワロー前では行き交う車の反応がよく、多くの声援が寄せられました。そこで食事。
 三原では臨時役場が置かれている宮ノ川の改善センター近くで演説し、住民課の職員が出てきて聴いてくれました。有岡で四万十市へ引き継ぎ。
 四万十市での演説場所と人数は、具同トンボ郵便局前(18人)、天神橋(11人)、一条通り(11人)、弥生町(22人)、右山五月町(20人)。
 浜川候補が個人演説会に参加しているあいだ候補者カーは具同、中村地区を巡回。候補者がいないにもかかわらず、熱い反応が寄せられ、運転手を務めた浜田裕介四万十市議はブログで「今回はなんか違います。こんなに反応の良い流しは初めてです。すれ違う車の中から沢山の人が手を振ってくれるし、僕の地元、具同になると、家から飛び出して来て声援を送ってくれる人までいました」と語っています。
 古津賀第2団地での個人演説会は61人。大きく盛り上がりました。かえるときみんながなかなか手を離してくれず、なかなか順番が回ってこないシーンもありました。9日は191人が演説を聴いてくれました。

10日、四万十市西土佐から十和へ
 幡多路最後は四万十市西土佐。朝8時から口屋内から音出しするために、ホテルを7時半過ぎに出発。新江川崎橋右岸で演説。なんと40人が集まってくれました。
 こうして浜川ゆり子候補は468人の人たちとの「一期一会」、多くの人たちに感動を与え、駆け抜けました。
 あとは21日の投票日に向けて、集い・小集会をこまめに開きながら担い手をひろげ、法定ビラ、「しんぶん赤旗」号外を配って対話をひろげ、支持を大きく伸ばすだけです。
 浜川ゆり子候補が蒔いてくれた感動を、日本共産党と浜川ゆり子への一票へと実らせることが出来るかどうか、暑さに負けずに頑張りましょう。
スポンサーサイト

コメント

雑感

ナンか、共産党員が管理してるサイト、選挙活動に忙殺されてるからなのか、どこも活気がないですねぇ。でも、選挙中だからこそ、実際にある共産党の勢いをネットでも感じさせないとダメですよ。
少なくともカクサン部や「とことん共産党」TVぐらいは紹介しないといけない。「比例を軸に」が大方針なのですからね。

ところで、支持拡での反応ですけど、凄い層にまで党は食い込み始めてるみたいね。今日の日刊紙も2人区に焦点当て始めましたけど、オレの知人(デイ・トレードやってるウヨw)の中には「比例はワタミ、選挙区は吉良に入れて『自共対決』見てみたい」なんて言う無責任・劇場観客型まで出てきていますw
一方、党シフトの影響も出始めている。そう「衆参ねじれ解消」報道などに影響受けて、「民主があまり減るのも困りません?」とか考える人。

ま、これからですね。
おたくでも13、14、15日対策、念入り且つ緻密にやった方が良いと思いますよ!

やはり居住支部でカクサン部、知られてませんね。

居住の7人中カクサン部知ってたの、4人でしたよ(笑)
おまけに、実際に観たことあるのは2人だけ!!!(泣)

やっぱ高齢化は深刻です。

中には、今度の選挙で躍進して「冥土の土産」にするんだ、などと泣かせることを言って奮闘している同志もいますけど、やはり15年前(東京で井上美代候補が89万票取った参院選)と比べると「体力」の低下は否定出来ません。

あと、学会は選挙上手いですね。
オレの友人のところにやって来て「お願い」したそうですが、比例まで候補者名を連呼していたそうです。
その点我が陣営はダメですね。方針を機械的に受け取っているらしく、小池だ山下だとは決して言わない。参院選は衆院選と違って非拘束名簿方式比例なんだから、地域割りの重点候補者名でも良いのに党名投票にこだわる党員が多い。地域割りが覚えきれないんなら副委員長の小池1本槍だって良いのにねぇ。
このへんにも「平目ちゃん」機械脳ぶりが出てしまっているみたいですよ。具体的な候補の名前の方が親しみとか興味とか湧いて会話になるのにねぇ。

1人区のみなさん、比例の方もよろしくお願いします。

選挙戦終盤は、情勢や有権者意識の変化とかみ合った演説内容の変化が求められますね。
その辺は我が党の(特に若手新人の)候補者も弱そうだね。
「相続財産」があまりにも大きく重すぎるためか、かえってそれに囚われた保守的姿勢が垣間見える。「型」にはまりすぎで「型破り」思想が希薄です。「量」を偏重していて「質」まで考える時間がないのかな?

ま、今後の課題だろうね。
即興的組み替え能力は、天性のものでもあろうし。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

ご訪問ありがと

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 

検索フォーム

 

ランキングに応援を!

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。


 

こちらもお願いします。

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。

 

プロフィール

大西正祐

Author:大西正祐
管理者は、幡多地区委員長の大西正祐(おおにしまさすけ)です。1952年生まれです。写真は20年以上前のもので、3人の被写体はその当時とは似ても似つかない変化を遂げていることをお断り申し上げます。

【ブログポリシー】
幡多地区のできごと、幡多地区党の考え方、政策などを書きつづっていきたいと思います。
もちろん国政や科学的社会主義、歴史、理念などについても書きますが、多少、ぶれたことを書くかもしれませんが、そのときは厳しくご指摘いただければ幸いです。

これまでホームページでまとまったことを書いていましたが、ブログでは写真なども簡単に掲載できるのでこちらで書くことが多くなると思います。
また、ツイッターは短文なので、緊急的な声明、主張という風に使い分けたいと思います。

いまのところ訪問者は少なく、身内が多いのでコメント、トラックバックは自由にします。しかし、スパムや悪意をもったものについては、警告せずビシバシと削除する場合もあります。
以上、ご了承くださいませ。

 

メールフォーム

管理人へのお問い合わせは、できるだけコチラからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

トコトン共産党

 

Twitter

 

リンク

 

ご購読お願いします

 

QRコード

QR
 

ブログ内検索

 
 
 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。