07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発とエネルギーのはなし②

《放射能のはなし――放射線は細胞を破壊する》
 原発でやっかいなのは、原発で膨大につくられる「死の灰」(放射性物質)です。

 100キロワット原発が1年でつくる「死の灰」は、広島原爆の約1250倍にもなります。放射性物質が放射線を出さなくなるまでは、とても長い時間がかかります。ある放射性物質の出す放射線の量が半分になる期間を「半減期」といい、セシウム137の半減期は約30年、ヨウ素131は8日です。半減期の短い放射性物質は、長い放射性物質より多くの量の放射線を出します。

 身近な放射線はレントゲン撮影につかわれるX線です。放射線は身体・物質を突き抜ける性質をもっています。身体を突き抜けた放射線は細胞を破壊します。細胞をつくりだす設計図をもっているDNA細胞が破壊されると正常な細胞がつくられなくなります。もちろん細胞には再生能力がありますが、くりかえし放射線が当ったり強い放射線が当ると再生能力を失ってガンなどの異常な細胞をつくったり、細胞そのものが死にます。細胞分裂の活発な子どもや妊婦への被曝は注意が必要です。

 放射線の人体に与える影響の大きさをしめす単位を「シーベルト」といいます。100シーベルトの放射線をあびると中枢神経が死んでしまい即死します。10シーベルト以上で胃腸死、6~7シーベルト以上で骨髄死を起こし99%が、3~4シーベルト以上で50%の人が死ぬといわれています(高線量被曝という)。

 放射線をどれだけ浴びたら生命に危険かは学者のあいだでも見解が別れていますが、放射線はあびないことに越したことはありません。

 そのために国は法律で許容被曝線量を定めています。原発労働者の5年間の累計被曝線量は0・1シーベルト(100ミリシーベルト)、1年間は0・05シーベルト(50ミリシーベルト)です。一般人の1年間に浴びてもかまわないとされる放射線は0・0001シーベルト(1ミリシーベルト、1時間あたり0・114マイクロシーベルト)です。

ワンクリック応援を!



スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

ご訪問ありがと

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

検索フォーム

 

ランキングに応援を!

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。


 

こちらもお願いします。

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。

 

プロフィール

大西正祐

Author:大西正祐
管理者は、幡多地区委員長の大西正祐(おおにしまさすけ)です。1952年生まれです。写真は20年以上前のもので、3人の被写体はその当時とは似ても似つかない変化を遂げていることをお断り申し上げます。

【ブログポリシー】
幡多地区のできごと、幡多地区党の考え方、政策などを書きつづっていきたいと思います。
もちろん国政や科学的社会主義、歴史、理念などについても書きますが、多少、ぶれたことを書くかもしれませんが、そのときは厳しくご指摘いただければ幸いです。

これまでホームページでまとまったことを書いていましたが、ブログでは写真なども簡単に掲載できるのでこちらで書くことが多くなると思います。
また、ツイッターは短文なので、緊急的な声明、主張という風に使い分けたいと思います。

いまのところ訪問者は少なく、身内が多いのでコメント、トラックバックは自由にします。しかし、スパムや悪意をもったものについては、警告せずビシバシと削除する場合もあります。
以上、ご了承くださいませ。

 

メールフォーム

管理人へのお問い合わせは、できるだけコチラからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

トコトン共産党

 

Twitter

 

リンク

 

ご購読お願いします

 

QRコード

QR
 

ブログ内検索

 
 
 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。