09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大変勉強になった会議

きょうは定例の幡多地区議員団会議でした。
議員のスキルアップを目的に
定例議会のある月はのぞいて、
年12回はやろうということで、
この初夏からはじめた会議です。
で、こんかいのテーマは「観光」。
ともすればわれわれの弱いところでもあり、
大いに関係者から教えてもらおうという
コンセプトでやりました。

発端は、わたしのこの夏の経験からなのですが、
幡多の観光について、現状と展望について
勉強もし、意見もぶっつけてみようということで
党外からゲストを招いての勉強会となりました。

ゲストは
高知県観光部観光振興課から
橋本龍也西部観光担当チーフ。
四万十市観光協会から
小島文雄専務理事
中村商工会議所から
佐伯達雄専務理事
(社)四万十楽舎から
山下正寿楽長の4人。

橋本チーフから高知県・幡多の観光の現状ととりくみについて
総括的な報告をしてもらい、
小島専務理事から四万十川を中心とした
幡多の観光の現状と問題点
佐伯専務から商工会議所がとりくんできた
地域活性化のとりくみと到達点にたった展望
山下楽長から四万十楽舎を中心にした
定住事業活動などのとりくみと到達点
などについて話してもらい、自由討議をしました。

まず、感じたことは
「幡多は一つ」で活性化をはかるために
観光が第一次産業と結びついた総合性をもっていること、
そのために思想信条を乗りこえて
力をあわせることのできることはいっぱいあることを
実感しました。

とくに、
幡多は日本で最も遠い観光地であることを武器に
幡多でなければできない観光産業を
カネをかけずに磨きをかけて
住民参加で発信していくことの必要性は
大きな合意としてあることが確認できた意味は大きいと思います。

それと、行政が商売をすることはダメだということでも
この間の大月町のベルリーフなどの経験をへて
一致できたことも大切だと思いました。

個々の問題では、もっと突っ込んで研究し、
党としても具体化、政策化をはからねばならないことも
うきぼりになりました。

そうした取り組みをへて
もう一つレベルアップした交流会を持とうということにもなりました。

ともすれば「観光」にたいする
偏見もありましたが、それを取り除く意味でも成果のあった会合になったと思います。

こうした学習会・研究会は、
ほかの分野でもさらにひろげて行きたいと思いました。

最後に、いまなお日本共産党に偏見のある地方で、
それを乗りこえて快く会合に参加し、
熱心に討論に参加してくださった4名の方々には
心より感謝申しあげ、学んだことを活かしていきたいと思います。

PS
ウルトラマラソンも終わりました。
更新が滞り、ご心配、ご叱責も頂きました。
ごめんなさい。
毎日というわけにはいきませんが、
こっちも書いていきたいと思います。

なお、ハンドルネームでのブログのほうは、
ウルトラマラソンにむけてのトレーニング中も
書きつづってきました。
ウルトラマラソン体験記もそちらで書いていますので、
おかまいなければご覧ください。

なお、そちらへのコメント、トラックバックについては
自己責任でおこなうようお願いします。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドストエフスキーと現代

先日(11月14日)NHK・ETV特集で「21世紀のドストエフスキー~テロの時代を読み解く~」をやっていた。なかなか、難しい1時間番組であった。「カラマーゾフの兄弟」における父殺し、と「罪と罰」におけるラス

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

ご訪問ありがと

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 

検索フォーム

 

ランキングに応援を!

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。


 

こちらもお願いします。

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。

 

プロフィール

大西正祐

Author:大西正祐
管理者は、幡多地区委員長の大西正祐(おおにしまさすけ)です。1952年生まれです。写真は20年以上前のもので、3人の被写体はその当時とは似ても似つかない変化を遂げていることをお断り申し上げます。

【ブログポリシー】
幡多地区のできごと、幡多地区党の考え方、政策などを書きつづっていきたいと思います。
もちろん国政や科学的社会主義、歴史、理念などについても書きますが、多少、ぶれたことを書くかもしれませんが、そのときは厳しくご指摘いただければ幸いです。

これまでホームページでまとまったことを書いていましたが、ブログでは写真なども簡単に掲載できるのでこちらで書くことが多くなると思います。
また、ツイッターは短文なので、緊急的な声明、主張という風に使い分けたいと思います。

いまのところ訪問者は少なく、身内が多いのでコメント、トラックバックは自由にします。しかし、スパムや悪意をもったものについては、警告せずビシバシと削除する場合もあります。
以上、ご了承くださいませ。

 

メールフォーム

管理人へのお問い合わせは、できるだけコチラからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

トコトン共産党

 

Twitter

 

リンク

 

ご購読お願いします

 

QRコード

QR
 

ブログ内検索

 
 
 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。