09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綱領を語る大運動について

15日の県委員会総会は欠席しました。
地元の敬老会があり、そこで司会をすることが
前から決まっていたからです。
「わが意を得たり」の5中総決定を支持する
討論に参加したかったのですが、残念でした。

それで、5中総のダイジェスト「要点とポイント」をつくりました。
いろいろやったけれど、A3ウラオモテ、本文は12ポイント文字でしかできませんでした。
で、グラフなんかはなし(T_T) 。
つくづくまとめる能力の限界を感じますが、
まあ、これでガマンしてもらうしかありません。

ところで、5中総のもう一つの柱である
綱領を語る大運動について、まとめながら考えてみました。
志位報告、結語では、これが当面の運動のカナメになることは強調されているのですが、具体論としては、あらゆる党の組織レベルでの「集い」だけです。

これも探究の課題なのかもしれませんが、「集い」だけではいかにもお寒い感じをまぬがれません。

ここは、もう少し範囲をひろげたとりくみが必要なのではないでしょうか。
S地区委員は、毎朝のモーニングにいく喫茶店で
政治談議を得意としていますが、それを発展させることも運動となるのではないでしょうか。

それから、こうしたブログでも各人が自由闊達に
綱領と政治を語り、交流を深めれば、それはそれで大運動の一翼を担えると思うのです。

この間の地区委員会総会では、
なかなか入党する決意に至らないが、
政治や日本共産党のことについて知りたがっている人たちが回りにいることが議論になりました。

そこで提起したのは、
「日本共産党と政治を語るサークル、
むかし民青が生きがいサークルというのをつくっていたけれど、
それを今風に発展させたようなものをつくったらどうだろう?」
ということでした。

これも大運動の具体化のひとつになると思います。
わたしは酒の場が好きだから
「地区委員長と語る居酒屋政治談議」というのもいいと思います。

要は、綱領を語る大運動も、中身も形式もひとつのパターンにとらわれず、自由闊達にやればいいのではないでしょうか。

そんな方向をめざしたいと思います。

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

懐かしい故郷天草と有明海(048)

みんなでつくろう「国民の、国民による、国民のための政治」を! =だから早く【自・END】=(07/09/23) 今回の帰郷は、家族の病気見舞いや、相談、各種手続きが目的で、毎日ドタバタ、ゆっくりと自然に親しむこともできませ

アクセスしやすくするため、SNS版の『こみゅ☆コミュ』をつくりました。

 先だって、全国のJCP(日本共産党)を応援してくれる方との交流をもっと深めたいなと思い、FC2コミュニティ機能を使ってJCP応援コミュニティ『こみゅ☆コミュ』をつくってみました...

新内閣発足にあたり、政治家とマスコミに贈りたい言葉(50)

みんなでつくろう「国民の、国民による、国民のための政治」を! =だから早く【自・END】=(07/09/25) 庭に秋の花「彼岸花」が咲きました。いよいよ秋ですね~!前代未聞の安倍の政権投げだしから2週間、やっと自民

野党共闘について…「これだけは…」(58)

みんなでつくろう「国民の、国民による、国民のための政治」を! =だから早く 【自・END】 =(07/10/03)9月23日、故郷天草から四万十へ帰って来てから、雨もよく降ったが、日差しが和らぎ、明らかに秋の気配が漂い出した

日本の労働環境は開発途上国以下

昨日、2007年10月6日、県委員会で最低賃金制度の勉強会があった。題して【最低賃金の大幅引き上げと全国一律最低賃金制は世界の流れ】サブタイトルは「日本共産党は最低賃金を時給1000円以上に引き上げ 全国一律の制度とす

コメント

100キロもいいけど

100キロマラソンへの挑戦…大それた挑戦も結構ですが、ブログの更新ができてませんよ…たまには、新しい記事を見たいですね。

沿道から

いよいよ明後日ですね。
応援に行きますよ。
頑張って完走して下さい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

ご訪問ありがと

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 

検索フォーム

 

ランキングに応援を!

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。


 

こちらもお願いします。

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。

 

プロフィール

大西正祐

Author:大西正祐
管理者は、幡多地区委員長の大西正祐(おおにしまさすけ)です。1952年生まれです。写真は20年以上前のもので、3人の被写体はその当時とは似ても似つかない変化を遂げていることをお断り申し上げます。

【ブログポリシー】
幡多地区のできごと、幡多地区党の考え方、政策などを書きつづっていきたいと思います。
もちろん国政や科学的社会主義、歴史、理念などについても書きますが、多少、ぶれたことを書くかもしれませんが、そのときは厳しくご指摘いただければ幸いです。

これまでホームページでまとまったことを書いていましたが、ブログでは写真なども簡単に掲載できるのでこちらで書くことが多くなると思います。
また、ツイッターは短文なので、緊急的な声明、主張という風に使い分けたいと思います。

いまのところ訪問者は少なく、身内が多いのでコメント、トラックバックは自由にします。しかし、スパムや悪意をもったものについては、警告せずビシバシと削除する場合もあります。
以上、ご了承くださいませ。

 

メールフォーム

管理人へのお問い合わせは、できるだけコチラからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

トコトン共産党

 

Twitter

 

リンク

 

ご購読お願いします

 

QRコード

QR
 

ブログ内検索

 
 
 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。