05 月<< 2017年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その時、歴史は動いた(*^_^*)

きょうは1時半から拡大常任委員会総会。
それを準備していると、ともだちから携帯電話がありました。
「あべがやめると。2時から記者会見」
一瞬、「あべ?」と聞き返してしまいました(*^_^*)。
安倍首相が辞意表明し、2時から記者会見だ、というニュースが流れたというのです。
これが1時過ぎ。

会議は1時半からですので、
地区委員さんが続々と集まってきます。
事務所の下で
「いよいよ解散、総選挙が近いぜ」
という声がします。

1時半からの会議は、
先日ひらかれた第5回中央委員会総会の討議が議題でしたが、
ニュースをきいている小野さんから冒頭に報告してもらいました。

まさに政権投げ出しです。
討議のなかでも
「いや自民党政治の行き詰まりと中央が言っていたが、あんまり実感はなかったけど、ここまで進行しているとは驚いた」
「激動の時代やというのを実感する」
など、歴史が動いているなかでの会議でしたから、
みんな、活発な意見が出ました。

「わが意を得たり」の総選挙方針も
諸手をあげての賛成。
その一方で、
「大きな責任を感じる」との発言もありました。

そして、
「地方選挙にくらべて国政選挙が力がはいっていない、というのは言い過ぎではないか」
との意見をめぐっても
自己検討的に大激論。

「やっぱ国を変えようという綱領的な観点が弱かった」
「日常的に国政・比例を軸にすることが弱かった」
との反省も出され、
綱領を語る大運動に知恵を尽くしてとりくもうということにもなりました。

ほかにもいろんな意見が出て、
「えっ、こんな時間か」というように
5時近くまで討論しました。

いま、NHKの番組に
「その時、歴史が動いた」
というドキュメンタリーがありますが、
そんな感じのする会議でした。

個人的には、
「たま選挙かよ」
との思いはありますが、
まさに乱世、激動の時代です。

政治を前向きに変えるためにがんばりたいと思います。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

安倍首相が辞任会見 小沢氏に袖にされ

安倍首相辞任についての、第二報です。2007年9月12日午後2時より、記者会見が行なわれ、安倍首相が正式に辞任を表明しました。      体調不良が続いていた。月曜日から辞任の意向だった。小沢党首にコ

安倍退陣 志位委員長が記者会見

 日本共産党の志位和夫委員長は12日、安倍晋三首相の辞意表明を受け、国会内で記者団に問われ、党の立場について述べました。その内容は次のとおりです。 中でも最も重要なポイントは、以下のくだりです。【安倍首相一人の

自公政権追い落としの大漁節(040)

みんなでつくろう「国民の、国民による、国民のための政治」を! (07/09/13)************************************************** とうとう、安倍ちゃん、辞めちゃいましたねぇ…お坊ちゃんらしく最後まで自己中で、

コメント

安倍退陣

トラバありがとうございます。
やはり政権投げ出し、責任放棄退陣ですね。 職責を全く軽くあつかった無責任退陣でしょう。

ところで、ポラリスは中央委員会批判を展開していましたが、こちらでは地区委員会の会議の模様をオープンにされていますね。
地区委員長が、会議内容を公開するとは非常にオープンな雰囲気ですね。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

ご訪問ありがと

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

検索フォーム

 

ランキングに応援を!

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。


 

こちらもお願いします。

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。

 

プロフィール

大西正祐

Author:大西正祐
管理者は、幡多地区委員長の大西正祐(おおにしまさすけ)です。1952年生まれです。写真は20年以上前のもので、3人の被写体はその当時とは似ても似つかない変化を遂げていることをお断り申し上げます。

【ブログポリシー】
幡多地区のできごと、幡多地区党の考え方、政策などを書きつづっていきたいと思います。
もちろん国政や科学的社会主義、歴史、理念などについても書きますが、多少、ぶれたことを書くかもしれませんが、そのときは厳しくご指摘いただければ幸いです。

これまでホームページでまとまったことを書いていましたが、ブログでは写真なども簡単に掲載できるのでこちらで書くことが多くなると思います。
また、ツイッターは短文なので、緊急的な声明、主張という風に使い分けたいと思います。

いまのところ訪問者は少なく、身内が多いのでコメント、トラックバックは自由にします。しかし、スパムや悪意をもったものについては、警告せずビシバシと削除する場合もあります。
以上、ご了承くださいませ。

 

メールフォーム

管理人へのお問い合わせは、できるだけコチラからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

トコトン共産党

 

Twitter

 

リンク

 

ご購読お願いします

 

QRコード

QR
 

ブログ内検索

 
 
 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。