09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たたかい終えて…

参議院選挙は、自民党の惨敗、民主の大躍進となりました。
日本共産党は、前回参議院選挙の比例得票を維持したものの、
衆議院選挙よりも後退させ、目標の650万にとどきませんでした。
議席は3議席にとどまり、
春名さんを国政に送り出すことはできませんでした。

まず、自民党、公明党の悪政にキッパリとした審判を下した
こんどの結果は、率直に喜びたいと思います。

もちろん、日本共産党がのびなかったことは
残念だし、悔しい限りですが、
社会進歩の尺度は、日本共産党の前進、後退だけで
はかれるものではありません。

変革志向、悪政の怒りの受け皿となった
民主党には、その国民の期待をシッカリと
受け止めてがんばってもらいたいし、
日本共産党もその方向での役割をはたすのは当然だと思います。

同時に、力及ばず、国民の期待に応えられなかったことは、
率直にお詫びし、反省したいと思います。

中央委員会から、
選挙をたたかっての感想文の提出を求められています。
佐竹県委員長からは、
「かまざったら、県にも送って」
といわれていますが、
何を書こうか、まだ定まってはいません。

中央にもいろいろな課題がうきぼりになった
選挙だったと思います。

地区委員会としては、
春名さんの個人票が異常に少なかった問題、
比例を軸に訴えたつもりなのに、
村上候補の得票よりも比例が少なかった問題、
職場支部の有効なたたかいを組めなかった問題などなど…。

きょうの議員団会議でも強調しましたが、
名簿と地図の整備は、
選挙が終わったいまこそ急務だと思います。

政局は乱世の気配です。
次に備えたたたかいは始まっています。

が、1月からの長いたたかいでした。
8月はかなりかなり手抜きをして
英気を養いたいと思います。

休むときは休む!!
それが人間です
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

議会制民主義を馬鹿にしてはいけない

 選挙で政権が変わる。それが日本でもようやく国政レベルで現実味を帯びてきました。

何故護憲派は統一できないのか

 今回の参議院選挙は、「憲法問題」は争点にはなりませんでした。「年金問題」と「

コメント

春名さんの個人票が異常に少なかった訳は・・・

選挙お疲れ様でした。
 私も春名さんの個人票がなぜ少なかったのか、どうしても納得できず、ちょっと調べてみました。
 そうしたら、春名さんの区域割であった17県にほぼ共通するある傾向が見られました。
 正直言って、今の私は高知以外の県党に対する不信と怒りで一杯です。

 詳しいことは明日、私のブログにアップする予定です。

 奮闘に次ぐ奮闘、お疲れさまでした。
 共産党の選挙結果は非常に残念で、おなかが痛くなったりもしましたが(笑)、「新しい前向きなプロセス」という党常任の総括に平静を取り戻しています。
 浮き足立つのは反共につけ込まれるだけです。結党以来、死んでも死んでも生き返るゾンビのような共産党の強さを、今こそ発揮すべきだと思っています。頑張りましょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

春名さんの個人票が少なかった原因について、ぜひ書いてください。

井上さんの個人票が多かったのは、名簿のトップに来ていたこと、吉岡くんの多かったのもラストにあったから、だそうです。

そろそろ選挙制度にあわせた、選挙戦術の検討が必要な段階に来ているかな、とも思います。

一本調子では、ダメですね。

KQさん。
そのとおりですね。
ゾンビv-39の如くの強さとしたたかさが必要です。

元気付けられました。

がんばりましょうv-91

共産党や社民党が護憲では無理がある

 日本国憲法の精神と、中央主権的な社会主義政党である共産党や社民党が「日本国憲法を守れ」「9条は生命線だ!」と叫んでいるのを見るとどうかと思う。
 それは共産党や社民党の「先駆者」であるロシアの革命家レーニンがいたら、日本国憲法をどう思うかでありますね。

「アメリカ占領軍の意向でつくられた憲法である。」

「条項がブルジョア的である。党の政策に好ましくはない。」と言った筈であると思う。

 党組織運営自体が「民主集中制」というレーニンが考案した異論や分派を認めない独裁主義。それをなぜ放棄しないのだろうか。

 各種の「9条の会」が両党の影響下にいくつか出来てはいますが、「上位下達」的なものの言いかたや発想が気になりますね。

 市民馬鹿ではありません。命令口調が目に付くそうした護憲運動は広まらないのです。それは日本国憲法と独裁政党とは矛盾し、「水と油」であるからなのです。

けんちゃんのコメントに一言
日頃のけんちゃんの精力的な行動に敬意を表するものですが、このコメントについては興ざめですね。「民主集中制」=「独裁」の図式は馬鹿でもわかるでっち上げです。どんな組織、例えばサークルや町内会でも多数決で運営しているではないですか。共産党の「民主集中制」とは、言い換えれば「多数決」と大差ないではないですか(若干違うことは承知してますが)日本国憲法を共産党が一定批判しているのも承知していますが、それと9条の危機に、これを守れと叫ぶことは何の矛盾もない、正当な党活動だと思います。むしろ、けんちゃんの偏見、思い込みの方が問題だと私は思います。問題を提起して、結果的に護憲運動を盛り上げようと、あえて、こういう提起をされたのなら別ですけど。

けんちゃんのコメントは、彼の「blog自由民権新聞」のエントリーの転載ですが、何か意味があるのでしょうか?
普通なら、トラックバックでことたれりなのですが????

田舎暮らしの管理人さんへ。
ナイスなコメントありがとうございます。

そのほかにも、「九条の会」を共産党や社民党の影響下の組織化のように言うのも、どうかと思いますね。

「九条の会」の人たちを侮辱しているみたいでいやですね。

けんちゃんは、きょうのエントリーといい、共産党にやけにつっかかって来ているようですが、何かあるのでしょうか?

わからない。

護憲運動は何故統一できないのか

 護憲運動はばらばら。[9条ネット」」にしても共産党や社民党を攻撃するばかり。[独自性」を強調しても国民の支持は得られませんでした。」

 一方改憲勢力は自民と公明は実際に選挙協力しています。民主党にも前原氏のような改憲勢力がいます。

 護憲勢力が統一しないと改憲勢力に国民投票で負けるでしょう。その前に選挙で勝てないでしょう。

 その原因は共産党、社民党、新社会党、新左翼も含めた[組織原理」とレーニンが考案した[民主集中制」という独裁主義が阻害要因です。

 それを皆が放棄すれば統一行動はできるでしょう。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

ご訪問ありがと

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 

検索フォーム

 

ランキングに応援を!

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。


 

こちらもお願いします。

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。

 

プロフィール

大西正祐

Author:大西正祐
管理者は、幡多地区委員長の大西正祐(おおにしまさすけ)です。1952年生まれです。写真は20年以上前のもので、3人の被写体はその当時とは似ても似つかない変化を遂げていることをお断り申し上げます。

【ブログポリシー】
幡多地区のできごと、幡多地区党の考え方、政策などを書きつづっていきたいと思います。
もちろん国政や科学的社会主義、歴史、理念などについても書きますが、多少、ぶれたことを書くかもしれませんが、そのときは厳しくご指摘いただければ幸いです。

これまでホームページでまとまったことを書いていましたが、ブログでは写真なども簡単に掲載できるのでこちらで書くことが多くなると思います。
また、ツイッターは短文なので、緊急的な声明、主張という風に使い分けたいと思います。

いまのところ訪問者は少なく、身内が多いのでコメント、トラックバックは自由にします。しかし、スパムや悪意をもったものについては、警告せずビシバシと削除する場合もあります。
以上、ご了承くださいませ。

 

メールフォーム

管理人へのお問い合わせは、できるだけコチラからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

トコトン共産党

 

Twitter

 

リンク

 

ご購読お願いします

 

QRコード

QR
 

ブログ内検索

 
 
 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。