07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高知新聞のI記者と懇談

昼から「高知新聞」のI記者と懇談しました。
彼も自公にたいする根強い批判は感じていて、高知県にとって自公は何もやっていないといってもいい、と辛口を言っていました。
だから、本人や応援弁士はマヌーバーで中央批判をやっているが、これが高知の有権者にどうひびくか疑問、ともいっていました。

では、選挙区はどうなるか?
彼は「個人意見」と断りながらも、「可能性はある」と言っていました。
まあ、これはわたしも実感していることなんで相槌を打ちました。

あとは、比例なんだけれども、彼も具体的な情報はあんまり持っていなくて、出し合い話的な会話となりましたが、しきりに春のいっせいとの関連を気にしていました。

これには「地方と国政のベクトルはちがう」と言っておきましたが、よくわからないというのが現状でしょうね。

さて、先の1人区以外は民主以外の野党にについてです。

面白い提案ですが、統一指導部を持っているわけではないので、そうなるかどうかは未知数だと思います。
社民党の支持者が共産党にいれる、あるいはその逆、または民主の支持者が共産、民主にいれる、あるいはその逆、というのは数字のうえではいろいろと組み合わせることは出来ますが、じっさい生身の人間となると難しさは、現場で実感しているところです。

それが人間であり、歴史の面白さでもあると思うのですが、いまは与野党逆転という流れ、思いは強いものがあるので、それを野党はそれぞれが競争しあって押しながら、それこそ「別個にすすんでいっしょに撃」って、提案にあるような形になればベストだと思います。

I記者も討論会などでの志位委員長の民主やほかの野党への対応は、好感をもっていました。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

1人区以外は民主以外の野党に

<野党住み分けバーター投票> 案で<民主党へは1人区だけ> にしようというものです

あなたは青年のことをどう考えているか

5月20日の青年集会の映像を紹介します。

宮本たけし氏の ゲリラライブ

宮本たけし氏の ゲリラライブ

宮本たけし氏の ゲリラライブ

宮本たけし氏の ゲリラライブ

コメント

記事の紹介ありがとうございます。
日本共産党地区委員長のブログというのは初めて見ました。(多分日本で唯一?)
頭の固い人の多いことでしょうから苦労も多いでしょうが頑張って下さい。
ブロガーの一人として応援します。

全選挙区に候補を立てている以上この提案は共産党にとっては受け入れられないでしょう。
但し国民のバランス感覚というのは時として絶大に働きます。
そのバランス感覚と共産党の頑張りがマッチしたときにいい結果が出ることでしょう。
共産党が共闘を拒否した「平和への結集」の提案であることで頭ごなしに否定をしてはいけないと思います。
今回の選挙の決定要素の一つかもしれません。

どもです。
面白い記事だったので、トラックバックさせて頂きました。

ブログですが、ほかの地区委員長もやっていると思いますよ。
どこかの地区委員会のHPでみました。

そうですね。
組織としては小回りがきかない問題もあります。
でも、だからといってウチが同意できないものを否定するというのはよくないと思いますね。

まあ、日本共産党も試行錯誤、発展途上ということで、あたたかくご鞭撻、叱咤激励してください。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

ご訪問ありがと

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

検索フォーム

 

ランキングに応援を!

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。


 

こちらもお願いします。

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。

 

プロフィール

大西正祐

Author:大西正祐
管理者は、幡多地区委員長の大西正祐(おおにしまさすけ)です。1952年生まれです。写真は20年以上前のもので、3人の被写体はその当時とは似ても似つかない変化を遂げていることをお断り申し上げます。

【ブログポリシー】
幡多地区のできごと、幡多地区党の考え方、政策などを書きつづっていきたいと思います。
もちろん国政や科学的社会主義、歴史、理念などについても書きますが、多少、ぶれたことを書くかもしれませんが、そのときは厳しくご指摘いただければ幸いです。

これまでホームページでまとまったことを書いていましたが、ブログでは写真なども簡単に掲載できるのでこちらで書くことが多くなると思います。
また、ツイッターは短文なので、緊急的な声明、主張という風に使い分けたいと思います。

いまのところ訪問者は少なく、身内が多いのでコメント、トラックバックは自由にします。しかし、スパムや悪意をもったものについては、警告せずビシバシと削除する場合もあります。
以上、ご了承くださいませ。

 

メールフォーム

管理人へのお問い合わせは、できるだけコチラからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

トコトン共産党

 

Twitter

 

リンク

 

ご購読お願いします

 

QRコード

QR
 

ブログ内検索

 
 
 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。