07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビラ配りと対話について

きのうは地区議員団会議。そこでも冒頭は参議院選挙についての総括が第一テーマ。
「総括」といっても「まとめ」ではなく、ブレーンストーミングで言う「発散」型。
一通りだしてもらって、討論するという方式をとりました。

そのなかでだされたのがチラシの問題。
全体的に配布総数そのものは低下しているのだが、この梅雨空にビラを配って奮闘しました。
印象に残っているのは、足摺半島を担当したOさんYさん組。
あそこはアップダウンが激しいのだが、二人で配りきった。
配っていると住民の方から「ジュースでも飲んでいったら?」とジュースを差し出され、「ジュースより票がほしい」というと「両方やらあや」と声をかけられたというエピソードなど、奮闘談満載なのですがそれはおきます。

しかし、感想・意見としてだされたのは「法定1号、2号ははぱっと見がおなじ」「ほとんど読まれていない」「文字が多く引きつけるものがない」などの意見でした。
中央は党首討論で論戦の決着はついたと2号ビラをつくったのですが、現場の反応はこういう状況でした。
そして枚数は少ないけれど「私たちの主張は届けた」のですが、大半は読まれなかった、響かなかったということでしょうか。

わたしはもちろん見出しなどのレイアウトの問題もあると思うのですが、なくなった父が言っていたこと、配るだけでなく声をかけることがだいじだと思います。

そのためには時間が必要です。
おなじく「対話すると30分はあっという間、だから多くの人と話せなかった」「ビラ折りで忙殺されて肝心の対話につかう時間がなくなった」という話も出ました。
そのためには担い手を増やすこと、早くから対話に取り組むことが大切です。

対話が苦手な人もいるわけですから、その人たちにはビラ折りをしてもらって、議員などは対話に出るなどの工夫がいったと思います。
あらためて選挙は総力戦、人の和が大切だと感じています。

捲土重来に向けてなすことは山積しています。
が、休みは取らないと心が亡びます。

昨日リンクのみ御紹介した参議院選挙の結果について   2010年7月12日 日本共産党中央委員会常任幹部会    を引用してコメントします。 日本共産党は、比例代表選挙で改選4議席から3議席に後退し、得票数では3年前の参院選の440万票(得票率7・48%)から、356万票(6・10%)に後退しました。    これまで、必ず出ていた「善戦・健闘」という枕言葉が無くなり、敗北を認めた。 多くのみな�
党内外の方々のご意見・ご批判に真摯に耳を傾け・・・

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

JCP党員・支持者の“奇妙”な投票行動

 参議院選挙が終わり、はや3週間になろうとしているが、3年前と同様に参議院比例区の各都道府県におけるJCPの得票および比例候補者の...

コメント

私もそう思う。

>担い手を増やすこと、早くから対話に取り組むこと

私もそう思います。公示前に対話していく中でもらった情報で、早くから取り組むことの大切さを実感しました。

また、消費税と法人税について説明すると、
「そういう仕組みになっちゅうとはぜんぜん知らんかった」という声を幾人もの方から聞きました。

そこで、一つ提案。

選挙前になったてから集会や演説会を開くのでなしに、
大事なポイントの説明会を断続的に開いていく、
というような取り組みを重ねていってはどうでしょうかねえ。

選挙前の演説会では、いくつかの問題点が話されますよね。
小さな日常的な集会だと、身近な問題にポイントを絞って話題を提供し、それについて参加者の方から感想や意見を出してもらう、ということが気軽にできるのではないかと思うんですけど。

メールを送信したところ、本日、返事が届きました。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

ご訪問ありがと

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

検索フォーム

 

ランキングに応援を!

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。


 

こちらもお願いします。

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。

 

プロフィール

大西正祐

Author:大西正祐
管理者は、幡多地区委員長の大西正祐(おおにしまさすけ)です。1952年生まれです。写真は20年以上前のもので、3人の被写体はその当時とは似ても似つかない変化を遂げていることをお断り申し上げます。

【ブログポリシー】
幡多地区のできごと、幡多地区党の考え方、政策などを書きつづっていきたいと思います。
もちろん国政や科学的社会主義、歴史、理念などについても書きますが、多少、ぶれたことを書くかもしれませんが、そのときは厳しくご指摘いただければ幸いです。

これまでホームページでまとまったことを書いていましたが、ブログでは写真なども簡単に掲載できるのでこちらで書くことが多くなると思います。
また、ツイッターは短文なので、緊急的な声明、主張という風に使い分けたいと思います。

いまのところ訪問者は少なく、身内が多いのでコメント、トラックバックは自由にします。しかし、スパムや悪意をもったものについては、警告せずビシバシと削除する場合もあります。
以上、ご了承くださいませ。

 

メールフォーム

管理人へのお問い合わせは、できるだけコチラからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

トコトン共産党

 

Twitter

 

リンク

 

ご購読お願いします

 

QRコード

QR
 

ブログ内検索

 
 
 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。