06 月<< 2017年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

双方向について考える

「ブログ教室」を準備しながら、考えたことがありますのでメモをしておきたいと思います。
党議員の少なくないブログが、コメント、トラックバックを認めないか、許可制にしていることについてです。
これはスパムなどからの防衛策の一つとしては、わからないではありませんが、「双方向」という点では疑問が残ります。
コメントやトラックバックを認めないということは、片方向的な情報発信であって、せっかくのブログの双方向型の特性を活かしきれていないと思います。

また許可制についても、たとえば「※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください」とありますが、なんとなく「検閲」を思い浮かべるのは、私だけでしょうか。

確かに放置していたらアダルト系や釣り上げ型のコメントやトラックバックが送られてきます。
でも、それが1日10件、20件を越えるならいざ知らず、数件であれば削除で対応したほうが、
コメントやトラックバックを許可制や禁止にすることで、多くの人に与える悪印象を与えるより、はるかにいいと思います。

このほかにもいろんな人たちがいますが、自分のブログのルールを明示しておけば充分適切に対応することできると思います。

また、大きくみればそうしたトラブルへの対応もふくめて、双方向型の情報を発信する醍醐味があるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメント、トラックバックに関して

私は、コメントやトラックバックを今は承認制にしています。最初は、そのような措置を採っていませんでした。

というのは、コメント、トラックバック承認制だと、やはり幡多地区委員長のおっしゃるとおり”検閲”の匂いを感じるからです。

しかし、何度か誹謗中傷コメントがくるにつけて最初は自分自身ブログ上で論争していましたが、ある時私のブログを読んでくださっているかたから「不愉快なのでコメントを承認制にして下さい」というコメントが寄せられるようになりました。

読者の声を無視するわけにもいかず、本音としては承認制をしたくなかったのですが、やむを得ずコメントやトラックバックを承認制にしています。

しばらくは、誹謗中傷コメントが来ていないからもとに戻そかな。

早速のコメントありがとうございます。

これはちょっと手がかかることですが、日本共産党のネットでのイメージアップのためにもぜひともとりくんでほしいと思います。

ルールを決めて対応すれば、そんなに不自然なことではないと思います。
だいたい言いがかりをつけてくる人は、少しやりとりすればわかります。
そんな人は無視するか、サッサと削除したらいいのです。

なかにはコメントを削除すれば、「言論弾圧だ」などとさらに言いがかりをつけてくる人もいますが、他人のブログに勝手に書いているわけですから、見当違いのことですし、圧倒的多数の訪問者の支持はえられると思います。

わたしは別ブログでは、しばらく「さらし」たり、そのコメントをネタにしてエントリーたてたりしています。

メイクドラマならぬ「メイクブログ」は、ブログを開設した管理人の絶対権限なので、おそれず不適切なものは削除したほうがいいと思いますね。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

ご訪問ありがと

 

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 

検索フォーム

 

ランキングに応援を!

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。


 

こちらもお願いします。

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。

 

プロフィール

大西正祐

Author:大西正祐
管理者は、幡多地区委員長の大西正祐(おおにしまさすけ)です。1952年生まれです。写真は20年以上前のもので、3人の被写体はその当時とは似ても似つかない変化を遂げていることをお断り申し上げます。

【ブログポリシー】
幡多地区のできごと、幡多地区党の考え方、政策などを書きつづっていきたいと思います。
もちろん国政や科学的社会主義、歴史、理念などについても書きますが、多少、ぶれたことを書くかもしれませんが、そのときは厳しくご指摘いただければ幸いです。

これまでホームページでまとまったことを書いていましたが、ブログでは写真なども簡単に掲載できるのでこちらで書くことが多くなると思います。
また、ツイッターは短文なので、緊急的な声明、主張という風に使い分けたいと思います。

いまのところ訪問者は少なく、身内が多いのでコメント、トラックバックは自由にします。しかし、スパムや悪意をもったものについては、警告せずビシバシと削除する場合もあります。
以上、ご了承くださいませ。

 

メールフォーム

管理人へのお問い合わせは、できるだけコチラからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

トコトン共産党

 

Twitter

 

リンク

 

ご購読お願いします

 

QRコード

QR
 

ブログ内検索

 
 
 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。