05 月<< 2017年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上田耕一郎さんの思い出


北海道の方から、「上田耕一郎さんとの思い出」という小冊子を出すので、原稿を書いてほしいという依頼を受けました。
父上の庄三郎さんが土佐清水市三崎の出身だから、そこの地区委員会にということからでしょう。
依頼原稿は400字詰め2枚ということですから、多くはかけないと思いますが書こうと書こうと思います。

その下書きのような形で、上田さんとの想い出を書いておきたいと思います。

上田さんは1927年神奈川生まれ。
父上の上田庄三郎さんは教育者、お母さんも教育者でした。
1925年4月、二人は高知県の管理教育になじまず、自由な教育を求めて神奈川にうつっていました。
「上田庄三郎著作集」には上田耕一郎さんの育児日記が出てきますが、いかに大切に育てられたか読んで微笑ましいものがあります。

その耕一郎さんはこよなく土佐を愛していました。
奥さんも土佐市出身なので「うちの子どもたちは生粋の土佐人だ」というのが口癖でした。
演説会やさまざまな調査にも、よく幡多に来てくれたことを覚えています。

土佐清水市の体育館でやった演説会には、会場いっぱいの400人を集め熱弁をふるいました。
また、三原村にPKOセンター誘致をおなじ土佐清水三崎出身の平野貞夫さんがぶち上げたときは、今の山まで現地視察に駆けつけてくれました(平野さんと上田さんは、東京では良く呑むともだちですが、政治と友情はちがうとお互い言っていました)。

そのあとは、酒好きの上田さんのことですから、当然いっぱいということでそこでも様々なことを教えられました。

弟の不破さんとのエピソードも印象に残っています。
二人のおじさん(お母さんの兄弟)は、戦前からの活動家で、戦争直後に社会党の県会議員を務めたことがあります。
あるとき、東京の上田さんのところを訪れたおじさんに兄弟は「論争」を吹っかけました。
「でさ、不破はあのとおり理詰めだろ、おじさんをどんどん追い詰めるわけよ。で、俺はそれはわかるんだが、時々、なだめ役に回って押さえるわけよ。ワッハッハハハ」
その場面が浮かぶような話に、一同大笑いしました。

最後に会ったときは、私が紹介した「常連」で出されたアラを
「これはうまい。こんなのは東京では食えねえよ」と
大皿に山盛りのアラ煮を平らげたものでした。
とにかく豪快な人でした。

不破さんとも仲がよく、二人にとって従兄がやっていたバーには、
二人の若いころ、それぞれが婚約者といっしょ四人が写った写真がありました。
その従兄に二人の話や庄三郎さんのことをよく聞いたこともあります。
従兄は上田さんのことを耕ちゃん、不破さんのことを建ちゃんと呼んでいましたが、なくなってしまい残念です。

不破さんも一度、幡多に来たことがありますが、その話はまたの機会に…。
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 歴史

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

ご訪問ありがと

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

検索フォーム

 

ランキングに応援を!

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。


 

こちらもお願いします。

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。

 

プロフィール

大西正祐

Author:大西正祐
管理者は、幡多地区委員長の大西正祐(おおにしまさすけ)です。1952年生まれです。写真は20年以上前のもので、3人の被写体はその当時とは似ても似つかない変化を遂げていることをお断り申し上げます。

【ブログポリシー】
幡多地区のできごと、幡多地区党の考え方、政策などを書きつづっていきたいと思います。
もちろん国政や科学的社会主義、歴史、理念などについても書きますが、多少、ぶれたことを書くかもしれませんが、そのときは厳しくご指摘いただければ幸いです。

これまでホームページでまとまったことを書いていましたが、ブログでは写真なども簡単に掲載できるのでこちらで書くことが多くなると思います。
また、ツイッターは短文なので、緊急的な声明、主張という風に使い分けたいと思います。

いまのところ訪問者は少なく、身内が多いのでコメント、トラックバックは自由にします。しかし、スパムや悪意をもったものについては、警告せずビシバシと削除する場合もあります。
以上、ご了承くださいませ。

 

メールフォーム

管理人へのお問い合わせは、できるだけコチラからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

トコトン共産党

 

Twitter

 

リンク

 

ご購読お願いします

 

QRコード

QR
 

ブログ内検索

 
 
 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。