07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターネットと日本共産党

「前衛」5月号の田村一志さんの論文「インターネットを社会変革の力に」を読んで、
ちょっとショックを受けています。
日本共産党の議員や予定候補たちの、インターネットとのかかわりの弱さについてです。
田村さんは、他党派の議員たちのブログやホームページ開設に比べ、
日本共産党は遅れていることを次のように指摘していました。

----(引用開始)----
 参院選にむけて、各党の候補者がホームページやブログなどのサイトを開設しています。三月二四日現在で比べてみると、民主党は比例と選挙区あわせて八九人を公認していますが、七七人が自分のサイトをもち、開設率は八七%となっています。自民党は六五人の公認候補者のうち五八人で、開設率八九%です。それに対して日本共産党は、比例代表こそ一〇〇%開設ですが、選挙区では五八%と水をあけられています。地方議員でいえば、自民党四二%、公明党三九%が開設しているのに対して、日本共産党は二四%にとどまっています。
----(引用終了)----

田村さんは二大政党と地方でのオール与党体制を打ち破るためにも、
草の根宣伝力の強化とともに、
「インターネットでも他党を凌駕するとりくみ」を強調していましたが、
同感するとともに、「さてどうするか」率直に頭を抱えずにはいられませんでした。

実は4年前に議員たちによびかけて、
幡多地区委員会主催で「ブログ教室」を開いたことがあります。
それに参加した議員は3人。
3人ともそれぞれ強弱はあるものの、
この4年間、それぞれのブログをひらいて情報を発信してきました。

でも、幡多には県議1人、市議7人、町議4人、村議1人の13人の議員がいます。
全国平均よりやや低いというところですが、
残りの10人にどうやって「やる気」を湧き起させるか、
一人ひとりの顔を思い浮かべると「おおごと」という気がしますo(;-_-;)o

しかし、田村さんの指摘はその通りだし、
第一、革命をめざそうという政党が、
最新のテクノロジー(やや不正確かも知れません)を使いこなせないようでは、
民主連合政府の道は遠いと思います。

市議選挙で勝って、
市議団会議でも議論したいと思います。
スポンサーサイト

コメント

< 一人ひとりの顔を思い浮かべると「おおごと」という気がしますo(;-_-;)o  >

 ブログを開くのはまっこと簡単。
簡単だけど、それを続けるのが苦労の種。なるべく党の宣伝をと思って始めたけれど、党の宣伝は気を使うので疲れました。

 最近は私の書き込みそのものが党の宣伝と気軽にやっていますが、もうすぐフリー?の身。
新たな企みを考え中・・・・・・・・・



それですよ!!

>私の書き込みそのものが党の宣伝
肩に力をいれず自然体でやればいいんです。
田村さんもそういっています。

>ブログを開くのはまっこと簡単
だよね。
でも、携帯電話のメールも
「そんなものせんでもかまん」
という人にどうやる?

もうすぐフりーですね。
無事、バトンタッチできたら
あくしゅさんに捧げるスレッドをかくつもり。

インターネットは社会変革の武器になる

はじめまして。

前衛の5月号の例の論文を私も読みました。地方議会の議員のホムペやブログの開設状況が他党派と比べて水を開けられているという指摘を読み、こりゃいかんなと思いました。

実際問題、革命を成し遂げようとする政党が、宣伝方法においても最新の技術の進歩をふまえた戦術を使えないようでは、宣伝戦で支配層に打ち勝つなど到底無理です。使い方によっては、インターネットは「持たざる者の武器」になります。このことをも、私たちはわきまえておくべきと思います。

ネット選挙解禁が大きな流れになっている今日において、選挙でネットをいかに有効に使いこなすかは非常に重要です。おそらく今年の参議院選挙では、今までよりさらにネットの活用のあり方が問われそうです。

地区委員長の任務は激務です。

健康に気をつけながら戦い、参議院選挙で日本共産党の躍進を勝ちとっていきましょう。

Aleido Che Guevara さんこんにちは

まったく同感ですね。

革命を成し遂げようとする政党が
最新の宣伝ツールを使いこなせないで
どうやって階級闘争に(←古い?)打ち勝つというんでしょうか?

先日もある会議でいいました。
同感してくれる発言もありましたが、
実際問題はどうなんでしょう?

わたしは動画も載せるべく
ユーチューブのアカウントをとりました。

これからもよろしく。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

ご訪問ありがと

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

検索フォーム

 

ランキングに応援を!

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。


 

こちらもお願いします。

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。

 

プロフィール

大西正祐

Author:大西正祐
管理者は、幡多地区委員長の大西正祐(おおにしまさすけ)です。1952年生まれです。写真は20年以上前のもので、3人の被写体はその当時とは似ても似つかない変化を遂げていることをお断り申し上げます。

【ブログポリシー】
幡多地区のできごと、幡多地区党の考え方、政策などを書きつづっていきたいと思います。
もちろん国政や科学的社会主義、歴史、理念などについても書きますが、多少、ぶれたことを書くかもしれませんが、そのときは厳しくご指摘いただければ幸いです。

これまでホームページでまとまったことを書いていましたが、ブログでは写真なども簡単に掲載できるのでこちらで書くことが多くなると思います。
また、ツイッターは短文なので、緊急的な声明、主張という風に使い分けたいと思います。

いまのところ訪問者は少なく、身内が多いのでコメント、トラックバックは自由にします。しかし、スパムや悪意をもったものについては、警告せずビシバシと削除する場合もあります。
以上、ご了承くださいませ。

 

メールフォーム

管理人へのお問い合わせは、できるだけコチラからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

トコトン共産党

 

Twitter

 

リンク

 

ご購読お願いします

 

QRコード

QR
 

ブログ内検索

 
 
 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。