05 月<< 2017年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表彰式に娘と参加しました

表彰式
拙著「二人の特攻隊員」が共同通信社に加盟する
地方新聞社で組織する「全国新聞社出版協議会」の
「第三回ふるさと自費出版大賞」のノンフィクション部門最優秀賞に選ばれたことは前にご報告しました。

5日には高知新聞社でその表彰式が行われ、
藤戸謙吾高知新聞社社長から賞状と目録をいただきました。

前日、「沈まぬ太陽」をみた後、
娘と編集のAさんなどいっぱいやりました。
その場で「高知新聞社の社長室にいけるのはめったにないことだから、いっしょにいったら?」と
Aさんから誘われた娘は「うん、いきます」。

それで、待ち合わせして行ったのですが、
賞状を受け取るときにカメラマンの人が
娘もいっしょに並ぶように指示し、
二人ともいやーな予感がしました。

あとで、娘と食事したとき、
「わたしはいなくてもよかったのに、新聞にのるがやろか」
と不安顔。
わたしも「ちょっとヤバそうやね」。

そして、翌日、事務所へ行くと面々が大騒ぎしていました。
「となりの女の人は誰?」
「新しい彼女?」
…(絶句)。

「ちがうよ。娘」
「えっ?結ちゃん?」

それもそうかと思いました。
事務所のみなさんが娘を知っているのは小さいころか、
茶髪時代、そしてケバケバスタイルのときで、
リクルートスーツを着ている娘は想像できなかったのも無理はありません。

これは事務所のメンバーだけでなく、
母も「となりにうつっちょう人は誰ぜ?」(おいおい、孫なんだけど)

娘にその話をすると
「わたしにも友だちから電話があった。彼氏があれは結ちゃん?やせたがやない、といいよったと」

服装によってイメージが変わるんだと思いました。
しかし、わたしはどんなものを着せても変わらないけど…(T_T) 。
スポンサーサイト

コメント

受賞おめでとうございます。

「二人の特攻隊員」のノンフィクション部門最優秀賞の受賞おめでとうございます。さっそく書店にて予約しましたが高知新聞社より取り寄せるとのことでした。今のお姿とお嬢様の微笑ましいお写真も見ることができました。

ありがとうございます。

嬉しいです。

ご紹介いただいた「激闘艦爆隊」を手に入れました。
8月15日の様子が細かに書かれていて驚きです。

木更津基地で整備兵をしていた方に読んでもらい、
記憶を辿ってもらおうと思います。

新たな事実がわかれば、ご報告します。v-222

今日の「赤旗」読書蘭で見ました。

今日、たまたま「赤旗」読者蘭を見ていたら、四万十市在住の大西正祐さんの著書「二人の特攻隊員」が紙面左上の「本と人と」の欄で紹介されていました。

直接、このブログの著者と結びついた訳ではないのですが、高知県の日本共産党関連ブログを幾つか回ってみて、こちらであることを知りました。

受賞おめでとうございます。

機会があれば読んでみたいと思います。

また、1952年生まれとのことで、当方と同じ歳であることも知りました。
今後ともよろしく御願い致します。

追伸

以前、このブログの右側コラムの写真を見ていたので、赤旗の写真と同一人物とは思えませんでした。

上の記事で新聞に載った写真が色々と疑われた?女性は、コラムの写真の4歳くらいの女の子なんですね?

ありがとうございます。

> 以前、このブログの右側コラムの写真を見ていたので、赤旗の写真と同一人物とは思えませんでした。

ですよねo(;-_-;)o
あの頃はまだ髪もあったし、
若かったし…。

> 上の記事で新聞に載った写真が色々と疑われた?女性は、コラムの写真の4歳くらいの女の子なんですね?

そう彼女も変わりました。
いま28だから、四半世紀前の写真ということになります。

こちらこそよろしくお願いします。

「二人の特攻隊員」今日、注文しました

 ご無沙汰しています。
 訳あって、日曜日の「日刊・赤旗」、今日読み、びっくりしました。
 早速、Yahooブックスに注文しました。
 激務をぬっての調査、執筆に頭が下がります。
 勉強させていただきます。

Re: 「二人の特攻隊員」今日、注文しました

>  ご無沙汰しています。
>  訳あって、日曜日の「日刊・赤旗」、今日読み、びっくりしました。
ゴメンなさい。
どこかでお会いしましたっけ?
誠に失礼ですが、
お構いなければ教えてくださいm(__)m

>  早速、Yahooブックスに注文しました。
>  激務をぬっての調査、執筆に頭が下がります。
>  勉強させていただきます。
ありがとうございました。
よろしくお願いします。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

ご訪問ありがと

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

検索フォーム

 

ランキングに応援を!

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。


 

こちらもお願いします。

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。

 

プロフィール

大西正祐

Author:大西正祐
管理者は、幡多地区委員長の大西正祐(おおにしまさすけ)です。1952年生まれです。写真は20年以上前のもので、3人の被写体はその当時とは似ても似つかない変化を遂げていることをお断り申し上げます。

【ブログポリシー】
幡多地区のできごと、幡多地区党の考え方、政策などを書きつづっていきたいと思います。
もちろん国政や科学的社会主義、歴史、理念などについても書きますが、多少、ぶれたことを書くかもしれませんが、そのときは厳しくご指摘いただければ幸いです。

これまでホームページでまとまったことを書いていましたが、ブログでは写真なども簡単に掲載できるのでこちらで書くことが多くなると思います。
また、ツイッターは短文なので、緊急的な声明、主張という風に使い分けたいと思います。

いまのところ訪問者は少なく、身内が多いのでコメント、トラックバックは自由にします。しかし、スパムや悪意をもったものについては、警告せずビシバシと削除する場合もあります。
以上、ご了承くださいませ。

 

メールフォーム

管理人へのお問い合わせは、できるだけコチラからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

トコトン共産党

 

Twitter

 

リンク

 

ご購読お願いします

 

QRコード

QR
 

ブログ内検索

 
 
 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。