05 月<< 2017年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追悼・宮沢喜一元首相

宮沢喜一元首相がなくなりました。
老衰ということですが、87歳だからまだそんな歳ではないのにと思いました。
まず、冥福をお祈りしたいと思います。
宮沢さんは自民党の第15代総裁でしたから、
徳川第15代将軍・慶喜とよくなぞらえられたといいますが、
実際、彼は不信任を突きつけられ、国会を解散したものの
自民党が下野しましたからそうなりました。

それから細川政権、羽田政権をへて、村山内閣で自民党はふたたび政権につきますが、わたしはいまの自民党と宮沢さんまでの自民党は異質な政党になったのではないかと思っています。

不破さんも同じような感想を持っているようですが、
それまでの自民党は、民主主義をわきまえた保守政党で
国会審議をまがりなりにも大切にしていました。

そして、それぞれの国会議員がそれなりのポリシーを持っていたと思います。
父親のいとこである大西正男元郵政大臣にも、そういうものを感じていました(大西正男さんのことについては稿を改めて書こうとおもいます)。

しかし、いまの自民党にはそうしたものを感じません。
なぜか?
いろいろあると思いますが、なんと言っても「もう二度と下野しない」ということがこの党の党是になってしまっているのではないでしょうか。

それに小選挙区制という制度が、政治家そのものを目先の利益に走らせ、「政治屋」にさせていることも原因の一つだと思います。

主義主張は関係なく、とにかく政権につく、そのためには何でも有り――それがいまの自民党なのではないでしょうか。
いまの国会をみているとそんな気がしてなりません。

こんどの参議院選挙は、そうした自民党に痛打をあたえる絶好の機会です。
ちょうど投票日まで一ヶ月、頑張らねばと思います。
スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

ご訪問ありがと

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

検索フォーム

 

ランキングに応援を!

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。


 

こちらもお願いします。

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。

 

プロフィール

大西正祐

Author:大西正祐
管理者は、幡多地区委員長の大西正祐(おおにしまさすけ)です。1952年生まれです。写真は20年以上前のもので、3人の被写体はその当時とは似ても似つかない変化を遂げていることをお断り申し上げます。

【ブログポリシー】
幡多地区のできごと、幡多地区党の考え方、政策などを書きつづっていきたいと思います。
もちろん国政や科学的社会主義、歴史、理念などについても書きますが、多少、ぶれたことを書くかもしれませんが、そのときは厳しくご指摘いただければ幸いです。

これまでホームページでまとまったことを書いていましたが、ブログでは写真なども簡単に掲載できるのでこちらで書くことが多くなると思います。
また、ツイッターは短文なので、緊急的な声明、主張という風に使い分けたいと思います。

いまのところ訪問者は少なく、身内が多いのでコメント、トラックバックは自由にします。しかし、スパムや悪意をもったものについては、警告せずビシバシと削除する場合もあります。
以上、ご了承くださいませ。

 

メールフォーム

管理人へのお問い合わせは、できるだけコチラからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

トコトン共産党

 

Twitter

 

リンク

 

ご購読お願いします

 

QRコード

QR
 

ブログ内検索

 
 
 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。