05 月<< 2017年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都議選と国政選挙に一言

このエントリーが取り上げた問題は党内問題であり、
公開は不適切だったと思います。
よって、全文は削除しますが、
コメントがかけられており、
エントリーそのものは残しておきます。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

引き算と足し算

ハイランドからの手紙 (都議選と国政選挙に一言)に初めてコメントしました。 - 引き算と足し算 - 偶然たどり着きました。 え~となんだ...

コメント

同感です

地区委員長が積極的な発言を行う事は重要な意思表示であり、最前線の声として上級機関も謙虚に受け止める必要があると思います。

引き算と足し算

偶然たどり着きました。
え~となんだったっけなぁ。
そうだ、世襲議員 一覧で検索していたんだっけ。
その何ページめかのところから、ポンポンポンと面白い記事をクリックしてたどり着いたってわけ。絶対今回の選挙にはそういう政党は一掃してもらわないとねv^^
で、内容に入ります。
あなたの記事で気に入ったのは、四国ですか?そこで議席を獲得するための得票数を強く意識しておられるところです。しっかり引き算をして、目標値と現在値をつかんでおられる。
と、同時に「ひとりでも多くの参加」というのも気になりました。足し算のほうです。
折角引き算から始まっているので、それに見合う足し算をいかに確保するか。ですね。
努力したけどだめだった にならないよう、予定していた活動量に対して、足りなかったら、即刻穴を埋めることを忘れないようにクセをつけることが大切だと思います。
ひとりひとりは、できるときにできることをやる。それでいて、必要な全員の総合活動量を確保する。やり残したことは、人を変えてでもやりとげる。互いに励ましあいやり遂げる。情勢はそれを求めていると思いますよ。
この酷い日本の現状。共産党が頑張らないでどうするんです。
選挙期間中というか力の集中をしているときは、「できることだけやればいい」の状態から「休めるときに身体を休める」ぐらいギヤをひとつあげる必要があると思います。
先日、ある選挙の応援にしばらく入った時のことです。ビラを配っていたら、掲示板にポスターの貼っていない箇所がいくつかありました。早速事務所に電話を入れました。すぐに持ち場に戻り、ビラを配り終え、事務所に帰ると、ポスターのフォローに誰も出ていませんでした。
選挙告示日のポスター張り部隊が仕事のために途中でぬけた、それが伝わっていなかった。あっちゃいけないけど、まあ有りえるでしょう。
後日そのヌケが判った。すぐに電話を入れたにも関わらず、数時間そのことが放置されたままでいた。これはありえないでしょ!あっちゃいけないことです。
ビラ配り、これだけ配ろうとみんなで決めたら、みんなで配ろう、作戦上配るところと配らないところを作るのはわかる。けれど、作戦できめたら必ず配る。分担した人が予定ができてだめだったら、他のひとが代わってあげる。かならず目標の活動を確保する。高校野球でも、キャッチャーは見えないところで必ず野手間の玉のやりとりのバックをふぉろーしています。
ビラ。さて、この地域だれが配ろう!?
ではなくて、この地域、次は何を配ろう!
地域地域の情勢を鑑みて機敏に反応して行動する。
という足し算。夢の見すぎでしょうか?
それとも、決意しだい、システムをうまく稼動してひょんなことからできるようになる、なんてこと、ないでしょうか?

私は党員でもありませんが、
応援に入った事務所では
「おーい、青年部隊はまだこないの?オレはギターをかかえピアスをあけた青年部たちがゾロゾロやってくるまでの、間に合わせだからね!」と毎日言っていました。
誰かが言わないといけないですからね。

部隊構成の範囲で作戦をたてて
必ずやりとげて戦い抜く。
部隊構成にどうしても必要な部分が抜けている。
今回は無理でも、
次回までにどういう世代、どういう階級、
どの地域、どの職場・学園に、
どういう規模の部隊が新規に必要なのか
それも、こういう時でないと真剣に考えられないから
毎日くやしがる。これも大事だね。

結果としての、大いなる足し算。
期待しておりますぞ!

どうもご忠告ありがとうございます。

このあいだ、
印刷会社の社長と呑んでいて、
「おれは社員にあれこれ、指示は出さない」
というので、
「なんで?」ときくと、
「そんなことをやっていたら、
俺がもたないし、社員は指示待ちになる。
そんな会社は柔軟に対応はできん」。

わが意を得たりで
「そうなんですよね。
それは共産党もおんなじで、
細かなところまでリーダーが
指示出さないと動かないのではダメなんですよね。
それぞれが自発的に動き、知恵を出して
行動できるようにならないと」と
大いに意気投合しました。

もちろん、
長が責任をもたなければならないのは
当然ですが、
微にいり細にいりつかんだり、
口出しするのとは違うと思います。

わが幡多地区も道半ばですが、
部隊(支部)単位が、
自発的に行動できるような地区に
なりたいものです。

これからもよろしく。

県委員会から警告が・・・

当方のブログの記述に対して、某・県委員会常任委員会の結論として、
「内容に問題がある。規約上の問題なので事情を訊きたい」旨連絡がありました。
『中央委員会からの指示ですか?』と聞いたところ、
「県常任委員会の判断である」と言うだけで、中央の関与については口を濁しました。
中央は何も言っていないが県で独断しているのか?
中央の指示だが表に出さないようにしているのか?
疑問の残る処です。

支部活動公開のガイドラインとか、ないの?

地域とか、学園、職場に開いたサイトは、
あってしかるべきだと、
一支持者としては、そう思います。
かつては、○○新報、とか
○○だよりとかやってたよねぇ
(かつて、でもないのかな^^;)
そういうレベルのサイト活動、いいと思うなぁ・・。
いえ、私、ここの過去ログ全部読んだわけじゃないけど。

まあここは規約に準じて処理*するとともに、
コンニチのネット社会と広報活動のありかたを考えたうえで規約について再考しようかどうか、メモ書きを残す必要がありそうだね>上部の方々。

処理;かといって、処分という意味じゃないので。
   処分か警告か注意か、なんかそういう文言が
   あるかないか知らないけど。現行の規約が
   あれば、それに則るのは当然なんだろうけど、
   あまりに前時代的な規定であれば、上と相談
   の上、注意および、メモ書き項目にして
   課題として上がかかえる。ってところかなぁ
   一支持者として願うとしたら。

そうそう、具体的には選挙終わってから、ゆっくりやってよね!
おっと、選挙に勝ってから・・・だね!

支部もブログやれば

そうですね。
支部もブログやればいいと思います。

ただ、まだ有権者全体には
なじみがないので過度な期待は持てませんが、
支部が考えていることや
やっていることをオープンにすることは
いいことだと思います。

規約との関係では
それを守るよう努力しつつ、
自由闊達にやればいいと思います。

まちがってはみ出すことがあれば、
注意されるので、
そのときにはそれに素直にしたがえばいいでしょう。

わたしも失敗やってしまいましたが(^_^;)


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

ご訪問ありがと

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

検索フォーム

 

ランキングに応援を!

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。


 

こちらもお願いします。

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。

 

プロフィール

大西正祐

Author:大西正祐
管理者は、幡多地区委員長の大西正祐(おおにしまさすけ)です。1952年生まれです。写真は20年以上前のもので、3人の被写体はその当時とは似ても似つかない変化を遂げていることをお断り申し上げます。

【ブログポリシー】
幡多地区のできごと、幡多地区党の考え方、政策などを書きつづっていきたいと思います。
もちろん国政や科学的社会主義、歴史、理念などについても書きますが、多少、ぶれたことを書くかもしれませんが、そのときは厳しくご指摘いただければ幸いです。

これまでホームページでまとまったことを書いていましたが、ブログでは写真なども簡単に掲載できるのでこちらで書くことが多くなると思います。
また、ツイッターは短文なので、緊急的な声明、主張という風に使い分けたいと思います。

いまのところ訪問者は少なく、身内が多いのでコメント、トラックバックは自由にします。しかし、スパムや悪意をもったものについては、警告せずビシバシと削除する場合もあります。
以上、ご了承くださいませ。

 

メールフォーム

管理人へのお問い合わせは、できるだけコチラからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

トコトン共産党

 

Twitter

 

リンク

 

ご購読お願いします

 

QRコード

QR
 

ブログ内検索

 
 
 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。