10 月<< 2017年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまやっていること

2月14日の「春を呼ぶ女性の集い」。
石井郁子副委員長に来てもらって
高知の女性たちが総選挙に立ちあがろうと、
これまで高知市一ヶ所で開いていたものを
県下四ヶ所でひらく取り組みでしたが、
中村でも150名が参加してくれました。

わたしは区長の仕事で参加できませんでしたが、
大変よかったようです。

それとこの集会はそれにとどまらず、
参加者には党員になってもらおうと
石井副委員長に入党を呼びかけともらい、
その後、参加者を訪問して働きかけよう
とのねらいももっていました。

そして、その訪問活動で
どんどん入党を決意してくれている方が増えています。
参加者が大半なのですが、
勢いとは恐ろしいもので、
そこに参加していない人にも訴え、
決意してもらっています。

それで本題なのですが、
いまやっていることは、
そうして日本共産党に入党してくださった方たちを
どうやって党員として成長してもらうかということです。

「月刊学習」二月号の
「新入党員の学習と活動の第一歩」、
市田書記局長が講演するDVD
「あなたとともに学ぶ日本共産党」
をつかって新入党員教育をすることはもちろんですが、
それにとどまらず、「地区党学校」を実施して
綱領、科学的社会主義、党史などについて
学んでもらおうと思うのです。

それで、いまそのテキストづくりをやっています。
「科学的社会主義」については脱稿し、
いまやさしくわかるかどうか、チェックしてもらっています。

そしていまやっているのは党史です。
いま50年問題の経過を終えたところですが、
どこまで書くかは後でチェックしたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

衆議院解散は間近!

民主党・小沢代表・公設第一秘書 の起訴期限まで最大でも20日程度となっております。

「起訴できるはずがない」と小沢代表は確信しているようですから、
衆議院解散は、この起訴期限までに行われる公算が大きいのではないでしょうか?

以下、私のブログ記事から引用します。
http://blog.goo.ne.jp/junsky/e/aeceb7f2ba1b69687607e8cd2f68f9a4

【総選挙含みの政局の中で、何故特定政党だけを狙い打ちにするのかということである。
 予算関連法案が3分の2で再議決して、定額給付金を含む 予算関連法案が今日採択される ことが、ほぼ確実であったという時期にも重ねている。

 これで、とにかく国民にお金をばらまく前提ができた訳であり、国民の期待が高まると見ていることも予測が容易である。(国民は、それほど馬鹿ではないから、お金には期待しても自公には期待しないだろうが・・・)

 公設第一秘書は、小沢氏の信念では「嫌疑不十分で無罪放免」になるとのことである。
 不起訴になると権力の描いたシナリオが崩れ、却って与党の信用を失い、民主党への声援が『判官贔屓』的に広がるかも知れない。

 そうなっては困るので、不起訴になる前に総選挙に打って出る可能性が高い。
 逮捕してから起訴するまでの期限は決められている。それほど余裕のあるものではない。
(逮捕から起訴まで最大でも 23日;拘留延長の場合:逮捕から72時間以内に勾留請求がされ、その日から10日が原則だそうで、逮捕から勾留期限までは、最長13日。さらに10日間の拘留延長が認められる場合があり23日になる場合がある。)

 今、黒幕は麻生首相に背後から声を掛けている。
 「ほら、今を逃したら解散の時機を失うぞ! 早くやれ!」

 そう、予算関連法案も今日成立した訳であり、間もなく衆議院は解散され、嫌疑不十分のまま総選挙に突入するのだ!】


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

ご訪問ありがと

 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 

検索フォーム

 

ランキングに応援を!

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。


 

こちらもお願いします。

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。

 

プロフィール

大西正祐

Author:大西正祐
管理者は、幡多地区委員長の大西正祐(おおにしまさすけ)です。1952年生まれです。写真は20年以上前のもので、3人の被写体はその当時とは似ても似つかない変化を遂げていることをお断り申し上げます。

【ブログポリシー】
幡多地区のできごと、幡多地区党の考え方、政策などを書きつづっていきたいと思います。
もちろん国政や科学的社会主義、歴史、理念などについても書きますが、多少、ぶれたことを書くかもしれませんが、そのときは厳しくご指摘いただければ幸いです。

これまでホームページでまとまったことを書いていましたが、ブログでは写真なども簡単に掲載できるのでこちらで書くことが多くなると思います。
また、ツイッターは短文なので、緊急的な声明、主張という風に使い分けたいと思います。

いまのところ訪問者は少なく、身内が多いのでコメント、トラックバックは自由にします。しかし、スパムや悪意をもったものについては、警告せずビシバシと削除する場合もあります。
以上、ご了承くださいませ。

 

メールフォーム

管理人へのお問い合わせは、できるだけコチラからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

トコトン共産党

 

Twitter

 

リンク

 

ご購読お願いします

 

QRコード

QR
 

ブログ内検索

 
 
 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。