06 月<< 2010年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
参議院選挙を受けての反省についてブログで日本共産党へのご意見を呼びかけたり、会議のたびにご意見を求めたりしています。
そういう意見を聞きながら、自分なりにも考えていることがあるのでメモっておきたいと思います。
スポンサーサイト
どうもウチはまじめすぎるのが欠点のようですね。
議員や幹部の発言も、常に「方針からぶれてないか」「規約に違反していないか」が自己規律させられて、お気軽発言ができないようなムードがあるような気がします。
きのうは中村商工会議所の幹部のみなさんと懇談、懇親しました。
このとりくみは、4月の市議選挙のときに取り組んだ「市民アンケート」で、改めて地域経済の振興と雇用拡大をのぞむ声が強かったからです。
そのためには主義主張を立場を超えて、話し合うことが必要だと思ったからです。
きのうは地区議員団会議。そこでも冒頭は参議院選挙についての総括が第一テーマ。
「総括」といっても「まとめ」ではなく、ブレーンストーミングで言う「発散」型。
いろいろと党内外で意見を聞きながら敗因について考えています。
でも、「マスコミが悪い」というのは天につばするようなもので、そこにとどまるなら底をついた総括にはならないと感じます。
参議院選挙が終わりました。日本共産党にとって厳しい結果となりました。
この結果をうけてキチンと総括して、もっと有権者に映る日本共産党になるよう、努力しなければならないと思います。
わたしはこの敗北をむしろ奇貨として次に活かすようにしたらいいと思います。
たたかいは続いているのですが、終了後の月曜日から商工会議所や建設業協会、労働組合など、なかにはこれまでウチと交流したことがないようなところと懇談するスケジュールが待っています。
テーマは「地域経済振興と雇用拡大のために何ができるか」です。
水無瀬勇中尉のことについては、わたしの「二人の特攻隊員」のなかで旧制中村中学校(現高知県立中村高等学校)の3人目の特攻隊員であることを紹介したことはすでに「拓殖大学学友会に紹介されました」で書きました。
日本共産党のメールニュースからの受け売りですが、消費税増税を提言した経済産業省の「産業構造ビジョン2010」。それを決めたのが、産業構造審議会・産業競争力部会。その委員は20人ですが、過半数は財界人だそうです。
ツイッターとブログ・ウェブサイトと連携させるなど新たなネット配信の形をつくっています。
まえに「You Tube」との連携を書きましたが、使いようによってさらに活動の幅を広げられるようです。
きょうは定例地区委員会総会でしたが、あと1週間でもあり支部長も参加してもらった拡大会議としました。
活動の交流もしてもらおうという趣旨です。
田頭県議も参加してもらい、10時半から正午までの短時間の会議でしたが、密度の高い会議になりました。

こんどの週刊ポスト(7月9日)がおもしろいです。
県委員会からファックスで流されてきましたが、読みづらいので明屋書店で買ってきました。
「空きカン内閣」の詐術、嘘だッ!「消費税10%」で日本は崩壊する――というなかなか刺激的な見出しですが、中身はいたってまじめ。

「民主党に裏切られた」という声は、この土佐の山河でも鳴り響いています。
昨年の総選挙で唯一、自民党が小選挙区を独占した高知県でも、政権交代への期待は高く、少なくない人たちが民主党とその候補者に投票しました。
 

ご訪問ありがと

 

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

検索フォーム

 

ランキングに応援を!

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。


 

こちらもお願いします。

一日一回、ポチッと押してくれればうれしいです。

 

プロフィール

大西正祐

Author:大西正祐
管理者は、幡多地区委員長の大西正祐(おおにしまさすけ)です。1952年生まれです。写真は20年以上前のもので、3人の被写体はその当時とは似ても似つかない変化を遂げていることをお断り申し上げます。

【ブログポリシー】
幡多地区のできごと、幡多地区党の考え方、政策などを書きつづっていきたいと思います。
もちろん国政や科学的社会主義、歴史、理念などについても書きますが、多少、ぶれたことを書くかもしれませんが、そのときは厳しくご指摘いただければ幸いです。

これまでホームページでまとまったことを書いていましたが、ブログでは写真なども簡単に掲載できるのでこちらで書くことが多くなると思います。
また、ツイッターは短文なので、緊急的な声明、主張という風に使い分けたいと思います。

いまのところ訪問者は少なく、身内が多いのでコメント、トラックバックは自由にします。しかし、スパムや悪意をもったものについては、警告せずビシバシと削除する場合もあります。
以上、ご了承くださいませ。

 

メールフォーム

管理人へのお問い合わせは、できるだけコチラからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

トコトン共産党

 

Twitter

 

リンク

 

ご購読お願いします

 

QRコード

QR
 

ブログ内検索

 
 
 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。